7日、ロイター通信によると、米中戦略・経済対話で中国の楊潔チ国務委員(副首相級)は、南シナ海問題で米国が建設的な役割を果たすべきだと主張した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月7日、ロイター通信によると、米中戦略・経済対話で中国の楊潔チ国務委員(副首相級)は、南シナ海問題で米国が建設的な役割を果たすべきだと主張した。

南シナ海問題をめぐっては、中国が領有権を主張し、強硬な海洋進出を行っているのに対し、米国が航行の自由作戦を実施しており、対立が深まっている。米中戦略・経済対話で楊氏は、中国は南シナ海における自国の領土主権と海洋権益を守る権利があると主張した。また、米国が南シナ海の領有権問題で特定の立場をとるべきではないと主張し、米国は建設的な役割を果たすべきだと述べた。ケリー米国務長官は、米国は特定の立場を取っていないと主張し、法律に基づく平和的な解決を支持していると述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「中国の人工島を爆撃しよう。そうすれば建設的に破壊できる」

「中国はアジアでいじめを行っている国だ。貧しくて小さな周辺国を脅している」

「米国も南シナ海に人工島を作るべきだ」

「中国はいんちきをしている。自分たちは破壊行為をしているのに、他国にはその反対の行為を要求する」

「中国人は面白いね」

「中国は米国から学んでいるんだ。米国は世界でいじめを行っていて、中国はアジアでいじめを行っている」(翻訳・編集/蘆田)