夫の兄弟仲はどう?同居すると「嫁姑問題が起きやすい」夫の特徴4つ

写真拡大

もしも、夫がある日突然「ウチのお袋と同居しよう」って提案してきたら、あなたはどうしますか?

「愛する夫の母親だから」と、快く受け入れる妻も少なくないはずです。

でも、離れて暮らしているときには問題がなくても、同居生活を送るとストレスやトラブルが勃発することも……! そう、俗にいう“嫁姑問題”です。

夫が同居を提案するキッカケとしては、お舅さんに先立たれたタイミングや舅・姑に体力がなくなってきたことが多いよう。

でも、提案した夫が同居に適していないタイプだと、辛い思いをするのはお嫁さんなんです!

そこで今回は、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきて、自身も姑との同居経験を持つ筆者が、“同居すると嫁姑問題が起きやすい夫のヤバい特徴”を4つお伝えします。

 

■1:お姑さんの前で妻をかばったことがナイ

世代も暮らす環境も異なるお姑さんと、価値観やルールの違いからちょっとした行き違いが発生したときに、お姑さんの前で「妻は悪気がナイんだからいいじゃないか」「妻だって良かれと思ってやってるんだよ」などなど、妻をかばうコトができる夫なら同居しても頼りになるタイプ。

一方、お姑さんに嫌みや意見をいわれている嫁を見ても、無関心を装いかばうコトができない夫なら、同居は避けたほうが賢明です。

同居は24時間365日お姑さんと顔をつき合わせるので、別居時には考えられないようなトラブルが起こることも。

妻の目の前で姑に対し妻を守る発言ができる夫でなければ、姑の行動がエスカレートする事態を招きます。

筆者周辺では、夫が母親である姑に対して妻を守れなかったことから「私(姑)を敵に回すと息子に捨てられるわよ」と暴言を吐かれたお嫁さんもいるんです。勘弁してほしいですよね。

 

■2:帰宅時間が毎日遅い

夫がお酒好きだったり残業が多かったりで毎晩深夜の帰宅になるならば、同居を踏みとどまったほうがいいかもしれません。

お姑さんによっては、息子の前とお嫁さんの前で態度を変え、息子の前だと遠慮して“良き姑”を演じようとするタイプも。

このようなタイプのお姑さんと同居してしまうと、息子が不在の間には別人のように態度を変えることから、夫にはなるべく在宅してほしいと思うようになるのです。

いずれにしても、元は赤の他人である姑との同居はお嫁さんに多大なストレスがかかるもの。最初のうちくらいは早めに帰ってくるなど融通がきく夫でなければ同居生活は嫁のストレスになりがちです。

 

■3:母親に意見をいえない

同居をすると、家庭内のルールや家事の進め方などが異なりお嫁さんが大きなストレスを抱えることも。

嫁と姑のどちらが正しいという類の問題ではなく、生活習慣が異なることへのストレスです。

この場合も、夫が母親である姑に対して意見をしてくれればお嫁さんの立場が守られるのですが、母親に意見がいえないタイプの夫だと、お嫁さんが遠慮してお姑さんに合わせることになりがちです。

対立をするわけではありませんが、お嫁さんの立場ややり方を尊重し、“母親に意見をいう”という当たり前のコトができるorできないによって、同居生活のストレスは大きく変わってくるんです。

 

■4:兄弟仲が悪い

もし、お嫁さんとお姑さんとの間に問題が発生したときに、身内に相談できるかどうかは重要です。

夫が兄弟と不仲だと、同居している家族だけで問題を解決せざるをえませんが、夫と兄弟の仲が良ければ母親であるお姑さんの性格を知った上での解決策を提示してくれることも。

同居生活を続けられないほどの重大なトラブルが発生したときに、夫の兄弟が親身になってくれるのかは重要なポイントです。

 

いかがですか?

お姑さんとの同居生活は、夫がどれだけ妻を守れるかにもかかっているのがリアルです。

夫が頼りにならないタイプだと、お嫁さんは家の中で孤立することにも。あなたの夫は、同居に向いているタイプですか?

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 姑同居で「夫婦の夜の営み」はどうする?良い嫁姑関係を維持するテク3つ

※ ゲッ…わが家!? 住んでるだけで「夫婦仲が冷えてくる」危険な家の特徴3つ

※ 3位トイレのフタ、2位電気の消し忘れ…妻をイラつかせる夫の行動1位は?

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 忙しい女性の「ムダ毛処理」のコツ!自宅で本格光ケアを実感

※ 秘訣は「生きた酵素」?40代から-8kgを目指すダイエット成功の鉄則

※ ウソみたいにドッサリ!93%が実感の自然に出ると話題の青りんごジュースとは

 

【姉妹サイト】

※ 「まぶしすぎるママ雑誌」と現実では決定的に異なるポイント4つ

※ え…レンジを使うとドンドン老化する!? シワたるみが加速する意外なワケ

 

【画像】

※ わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)