世の中はさまざまな色で満ちあふれていますが、誰だって一番お気に入りの色や気になる色があると思います。実は、その色によってあなたの性格が見えてくるんですよ。その性格は、ある種の個性ともいえます。個性を発揮させるとより自分自身を輝かせることができます。
そこで今回は、あなたの好きな色にどのような意味が隠れているのか診断してみましょう。

レッド系の色

レッド系の色が好きな人は、行動力のあるバイタリティにあふれる性格の持ち主です。そのため、人を引っ張ることができるリーダーシップ的な存在で、他人からも信頼される頼もしさを持ち合わせています。
困難な状況でもポジティブに変換させることができるので、新しいことにチャレンジしても、問題なく突き進めます。

ピンク系の色

ピンク系の色が好きな人は、子どもや動物など弱者を自然に愛することができる母性愛を持っている人です。なにか条件がないと好きになれない……といったことがなく、ありのままの状態を受け入れることができる優しさを持ち合わせています。
母親のように温かく見守ることができる人なので、表舞台よりも脇役でそっと手を差し伸べるサポート的存在になれます。

イエロー系の色

イエロー系の色が好きな人は、自分らしさを大事にすることができる人です。冷静にものごとを客観的にとらえることができるので、判断能力が高く他人との距離もうまく保つことができます。
明るい性格の持ち主で好奇心や探求心が強いのですが、個人としてのプライバシーを認めているので、社交場では深入りせずに振る舞うのがとても上手です。

ブルー系の色

ブルー系の色が好きな人は、まわりとの調和をとても大事にする人です。つながりによって対人関係を深める事に重要性を感じ、ウソのない真実だけの仲を作ろうとします。正義感、義務感を守ることができるので、他人からも信頼を得られます。
集中力の高い人が多いので、なにか熱中することを見つけられると、その分野において飛躍していくことができます。

グリーン系の色

グリーン系の色が好きな人は、争いを避け平和を求める人です。無理や背伸びをせずに、少しずつコツコツと安定した人生を歩むことを好みます。ゆったりしたペースなので、バランスを崩すことなくものごとにとり組め、リラックスした状態を探し出す術も持ち合わせています。
自然体で飾らないでいられる性格は、まわりの緊張感を解きほぐす存在になります。

パープル系の色

パープル系の色が好きな人は、献身的で人の役に立つことに喜びを感じる人です。バランスのとれた思考を持ち合わせているので、全体を見る視点と細やかな配慮により、まわりの人たちは頼もしさを感じます。
一人一人、個人に目を向けて接することができるだけでなく、ものごともひとつひとつ熟知していこうという姿勢があるので、細かなことまで完璧にこなす職人気質な部分があります。