竹内結子(左)と西島秀俊(右)

写真拡大

日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の同名小説を映画化した『クリーピー 偽りの隣人』の名古屋舞台挨拶が6月7日にミッドランドスクエアシネマで行われ、キャストの西島秀俊と竹内結子、黒沢清監督が登壇した。

黒沢清が監督する“気味の悪い”ミステリー『クリーピー』に西島秀俊、竹内結子らが出演!

名古屋の印象を聞かれた西島は「撮影でも、舞台挨拶でも度々来させていただいていますが、今日は、わらび餅やら、ひつまぶしやら、すごいモンブランをいただきまして、太って帰ろうと思ってます」と笑顔でコメント。

竹内も「今回は、名古屋でしか味わえないわらび餅をおいしくいただきました」と続けると、それを聞いた黒沢監督が「僕は、わらび餅食べてないんですけど!? 」と驚いた様子。西島と竹内は「えっ! まずいまずい」と焦り、会場の笑いを誘うと、黒沢監督が「少しムッとしています」と話し、西島が「世界の黒沢清監督に、名古屋のわらび餅を食べさせてないなんて、びっくりしました」と焦った様子をみせた。

また西島は演じた役柄について「僕が演じた役は家庭を顧みない、あまりいい夫とは言えないかもしれません」と話すと、竹内が「いやいや、悪い人ではないんです。ただ、仕事に没頭すると周りが見えなくなるタイプなんですよ」とフォロー。すると西島が「はい、倦怠期の夫婦を演じています」と話し、竹内が「私が演じたのは、家庭のことを完璧にこなす大人しい主婦です」と話していた。

撮影現場の雰囲気については、竹内が「今日の舞台挨拶のようにずっと話をしていましたね」と語り、西島が「そうそう、今日はいなくて残念ですが、この会話に香川照之さんが加わる感じです」と述べると、「だいたい現場では、香川さんが喋って、竹内さんが巻き込まれていくっていう、この映画の展開と同じです(笑)」と続け、竹内も「そうそう、映画はネガティブな展開ですが、ポジティブな感じのトークが止まらないんです」と振り返った。

また、他の共演者に関しては、西島が「東出昌大くんは、初めて現場で会った時に『東出くん』ってフレンドリーに接したのですが、東出くんから『普段は話すんですけど、今回の役はそうもいかないので、今回は共演者の方々とは話さないようにします』と言われしまい、現場の東出くんは共演者から少し距離をとって、すごく役に集中していました。川口春奈さんは、すごい長ゼリフがあるのですがテストの段階から完璧でしたね。藤野涼子さんは、初日に自分の出番がないにも関わらず勉強熱心にメモしていました。若手の方々は本当に真剣に取り組んでいたと思います」と撮影時の感想を述べると、竹内が「私も真剣ですよ(笑)」とアピール! すると西島も「いや、僕ももちろん真剣です(笑)。とにかく、若手の方々が集中して頑張っていました」と話していた。

『クリーピー 偽りの隣人』は6月18日より全国公開となる。

【関連記事】
あの人、お父さんじゃありません。では、誰? 西島秀俊主演ミステリーの身の毛がよだつ特報解禁
[動画]東出昌大、大先輩の西島秀俊と香川照之を無視!? 『クリーピー』ジャパンプレミア
[動画]竹内結子の芸能界入りきっかけを知った西島秀俊が驚きつつ納得
[動画]映画『クリーピー 偽りの隣人』予告編