「中国東北のおいしいコメ探し」の旅を終えた日本の飯炊き仙人こと村嶋孟さんは5日、北京に戻り、東北産のお米で「銀シャリ」の炊き方を披露した。

写真拡大

「中国東北のおいしいコメ探し」の旅を終えた日本の飯炊き仙人こと村嶋孟さん(86)は6月5日、北京に戻り、東北産のコメで「銀シャリ」の炊き方を披露した。

【その他の写真】

彼は日本でも有名な人物で、「飯炊き仙人」と呼ばれている。前日、村嶋孟さんは中国のおいしいコメの産地である遼寧省盤錦市と黒竜江省の牡丹江を訪れ、「一番おいしいコメ」を探していた。村嶋孟さんは東北の旅の報告会で中国でこれからもおいしいコメを探し続けることを宣言した。中国新聞網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集YW)