前田敦子さんの過激なベッドシーンにも注目が集まっている、TBSドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』。前田さん演じる、超・恋愛体質の毒島ゆり子の体験を通して、恋愛のイロハについて学んでいきたいと思います。

先日放送された第7話では、新井浩文さん演じる小津がゆり子のことをダマしていたことが発覚。なんと、実は奥さんとは離婚などしていなかったようなのです。どうやら次回は大きな修羅場も……?

そこで今回は、“平気で裏切る男性”の特徴について紹介します。


(c)TBS

■「謎」な部分が多い

ちょっとミステリアスだったり、陰があるような男性は、クールでカッコ良く見えたりすることも多いです。でも、あまりにも“謎”な部分が多すぎる男性は、付き合うのも慎重になった方がいいでしょう。

特に、会社の名前や仕事内容、家の場所などをハッキリと明かさないような男性は、あとになってあなたのことを裏切る可能性も大きいです。

身元を明かさないというのは、“いつでも逃げられる準備はしている”ということでもありますからね。

 

■いつでも「自信満々」である

自信に満ち溢れているのはいいことですし、魅力的にも見えるでしょう。ただ、あまりにも自己顕示欲が強く、自己評価の高い男性は、かなり自己中心的な人にもなりがちです。

たとえ女性を裏切るようなことをしたとしても、“自分なら許される”という根拠のない自信にも満ち溢れている可能性も高いです。

本人的にはそれほど悪いことをしているという思いがないので、平気な顔で裏切ることだって十分にあり得ますよ。


(c)TBS

■「会える時間」が少ない

“仕事が忙しい”という理由で、会える時間が少ない人も注意が必要です。毒島ゆり子も、小津に「母親の看病がある」と言われて、なかなかゆっくりと会う時間を作ってもらえていません。

本当に好きなのであれば、男性だって「ちょっとした時間でもいいから会いたい」と思うはずです。

常に男性の都合のいいときにしか会ってもらえないような状況の場合、何か隠し事をされている可能性だってあるので、しっかりと見極めることも大事でしょう。

 

■「信じ込ませよう」とする

毒島ゆり子がどんなに怪しんだり不安に感じても、小津は顔色ひとつ変えずに、「俺のことを信じろ」と言います。その言葉をゆり子は信じてしまい、ダマされてしまうことに……。

まるで洗脳するかのように、自分のことを信じ込ませようとしたり、自分の意見を言い聞かせようとばかりする男性は、かなりの要注意人物です。

女性を完全に言いくるめてしまい、自分の思い通りに操ってしまうのです。

話し合いをしようとしても、「俺の言う通りにしていれば大丈夫」とか「俺のことだけ信じて」などと堂々と言い放つような男性には気をつけましょう。

この手の男性は、口がうまい人も多いので、まんまと“都合のいい女”にされてしまいますよ。


(c)TBS

恋愛に修羅場は付きものなのかもしれませんが、できることなら避けて通りたいものですよね。そのためにも、平気な顔をして裏切るような男性には、捕まらないように気をつけてくださいね。

今夜0時10分〜放送の『毒島ゆり子のせきらら日記』の第8話は、小津とゆり子が弁護士を交えて話し合いをすることに……。果たして2人の関係はこの後どうなっていくのでしょうか? ぜひお見逃しなく!

【参考】

※ 「毒島ゆり子のせきらら日記」-TBS

【関連記事】

※ 結婚してはいけない男の特徴4つ【毒島ゆり子から学ぶ恋のイロハ塾】

※ 片思いで終わってしまう女子の特徴4つ【毒島ゆり子から学ぶ恋のイロハ塾】

※ 友達以上の関係になる方法4つ【毒島ゆり子から学ぶ恋のイロハ塾】

※ 不倫をしやすい女子の特徴4つ【毒島ゆり子から学ぶ恋のイロハ塾】

※ 二股恋愛に溺れる女子の特徴4つ【毒島ゆり子から学ぶ恋のイロハ塾】