130億年前の「星の歌」を聴いてみよう

写真拡大

「銀河の考古学」ともいえる星震学を行うバーミンガム大学のチームが、銀河系で最も古いとされる130億年前の「星の歌」をとらえた。その歌は、インターネット上で聴くことができる。

「130億年前の「星の歌」を聴いてみよう」の写真・リンク付きの記事はこちら

われわれが存在する銀河系において最も古いとされる「星の歌」が、英国バーミンガムの天文学者たちによってとらえられた。

バーミンガム大学物理天文大学院の研究チームは、130億年前からあるとみられる星団「M4」を構成する変光星の振動を分析している。彼らは米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡による「K2ミッション」のデータをもとに、星震学(Asteroseismology)に基づく研究を行った。

星震学とは、星の明るさの微妙な変化につながる「振動」を分析することによって、脈動変光星の内部構造を研究する科学のことだ。こうした「星の音楽」を測定することにより、個々の星の質量や年齢などを知ることができると研究チームは話している。

RELATED

同大学院のビル・チャップリン教授は、大学のリリースで次のように説明している。「考古学者たちが土を掘り返して過去を明らかにするように、わたしたちは星の内部の音を使って『銀河の考古学』を研究するのです」

「初期の宇宙の星たちが残してくれた歌を聴くことができて、感激しました」。今回の研究のリーダーを務めたアンドレア・ミグリオ博士は言う。「わたしたちが調べた星は、実にこの銀河系が形成された時代から残る生きた化石のようなものだからです。今後は、わたしたちの銀河系と同様の渦巻銀河がどのようにして形成され、発達したのかという神秘を解き明かしたいと思っています」

この研究は、英国王立天文学会の『Monthly Notices of the Royal Astronomical Society』誌に掲載された。星の歌は、こちらで聴くことができる。