ペルーの分断社会を象徴 「恥の壁」が隔てる貧困層の実態

ざっくり言うと

  • ペルーの首都リマ南東にある丘の「壁」は、「分断社会」の象徴となっている
  • 壁の両側は全く違う風景で、貧困層が暮らす地域は窓がない家が密集する
  • 壁は貧困層による犯罪の可能性により敷設され、住民らは「恥の壁」と呼ぶ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング