東京大学のトイレの落書きは偏差値が高いのか?

写真拡大

街なかの公衆トイレや公共施設のトイレの落書きに、なぜか心を惹かれてしまいます。

胸に突き刺さるようなメッセージ性があったり、「これを書いた人の頭蓋骨には、脳みその代わりにカニ味噌でも詰まっているのかな?」と思うような内容だったりと実に多彩で、思わず書いた人の人生に想いを馳せてしまうのです。さらに、その土地柄や利用者層ごとに独特のカラーがあるのも面白い。

例えば、東京で一番「北斗の拳」の世界に近いといわれる足立区・綾瀬の公衆トイレ。個室のドアをくぐれば、

(一辺数cmのタイルに書き込まれた「セーラー服の脚が色白ムッチリ太めの女子高生ア〜もうたまんねぇ〜」という長文。器用すぎるだろ)

(伊藤が何をしたというのか)

■この記事の元記事(全画像付き)を見る

もうなんていうか、世の中にはいろんな人がいるんだなぁ、としみじみとした気持ちになれます。

こういった落書きを発見するのは、決まって大便器の個室。

確かにそういった個室は、ひとたび鍵をかければ究極的なパーソナル空間。あらゆる世の中のしがらみから解放される場所であり、その意味ではトイレの落書きは、書いた人の欲望や懊悩が集約された「魂の叫び」といえるのかもしれません。

で、思うわけです。この学歴社会日本のヒエラルキーの最上位に位置する東京大学のトイレにはどんな落書きがあるのか。密室のなかであらゆる束縛から自由になった東大生は、どんな魂の叫びを発しているのか。

というわけで、行ってきました東京大学本郷キャンパス。
※東大は東京の本郷、駒場、白金、中野、千葉の柏にキャンパスがあり、有名な赤門(写真)があるのは本郷キャンパス。3・4年生が主に学んでいます。

一学年約3000人、学部だけで1万2000人以上を擁する東京大学はトイレの数もまた膨大。その壁に刻まれた落書きを調べれば、日本で一番偏差値が高い学生たちの深遠なる精神世界を垣間見ることができるはずです。

知人の東大生の方に案内していただいて早速探索を開始します。

あ、ちなみに余談ですが、自分が通っていたFラン大学のトイレには「文化人類学の山田教授はヅラ」とか「リップクリームを食べるとおいしいよ。おすすめはニベア」などと泣きたくなるほど偏差値の低い落書きが大量に書かれていた記憶があります。そんな経験から、ここ東大でも落書き自体はすぐに見つけられるはず、

……などとタカをくくっていたのですが、

ぴかぴか

つるつる

まっさら

……、

そうか、頭のいい人たちってトイレに落書きなんかしねぇんだ。

いやー、盲点盲点。ここまでで20箇所以上の大便器個室を回っているのですが、落書きはなんと皆無。

「東大って頭いいし、P≠NP予想の解法とかがさらっと壁に書いてないかなー」などとぽやぽや考えていたのですが、そりゃそうか、そんなもんわかったらトイレの壁じゃなくて論文に書きますわな。

実際、案内してくれた東大生に話を聞いても、

東大生「落書きは見たことないですね、意識してないからかもしれないですが。ここ最近トイレの改装もあったので過去の落書きも消されてるはず。噂では昔、オウム真理教への入信を呼びかける落書きとかがあったらしいですけど」

しかし、「東大生の魂の叫びを聞きたい」という欲求は抑えられません。まだまだトイレはあるので、あきらめずに捜索を続けます。

階から階へ、棟から棟へと一心不乱にチェックしていくのですが、いやー、あれですね、トイレだけ延々と見ていくって、結構気が滅入る作業ですね。もともとあんまり気持ちのいい場所ではないし、壁を慎重に見なければならないので精神的に磨耗していきます。

しかし、取材開始から約2時間後、

おや?

おおお!

第1落書きを発見!

……でもこれ何語だろう?

最初に発見した落書きが外国語というのは東大っぽいと言えばぽいですが、調べてみるとFABRICEはフランス語圏の男性の名前らしいです。TODAIはおそらく東大と思われ、Pisseはフランス語で「おしっこ」という意味。

え、これってつまり「いえーい、俺、東大でおしっこしちゃったぜ!」的なフランス人観光客の記念カキコ? 思わず落書きしちゃうくらい嬉しかったの?

お前どんだけ感動に乏しい人生送って来たんだよ。

結局、3・4年生が学ぶ本郷キャンパスで発見できたトイレの落書きはこのアホフランス人が書いたものだけ。東大生はトイレで落書きなんかしない、という説が俄然真実味を帯びてきました。

また、案内してくれた東大生いわく、

東大生「2000年以降顕著になったSNS等の拡充が公共空間のオンライン上への移行を促すとともに、匿名性の発露という意味合いでのトイレの落書きのロールも代替しているのかもしれませんね」
(訳:昔トイレに落書きしてた奴は今は2chとかツイッターに書いてるんじゃない?)

とのことで、確かにこれも説得力のある話です。

うーん、企画倒れか……。わりと絶望的な雰囲気ですが、本郷キャンパスから電車で40分程度の場所に1・2年生が学ぶ駒場キャンパスがあるのでとりあえず行ってみることに。

(到着)

本郷キャンパスのトイレがあれほど綺麗だったことを考えると、この駒場キャンパスも似たようなもののである可能性は高い……。

そんなことを考えながら、大した期待をせずに個室を覗いたところ、

(駒場 爆破します)

……え?

あの、すみません、ちょっとリアクションに困ってます。

まず内容が怖い。で、東大生なら実行できちゃいそうなのが怖い。さらに、あまりのタイミングの良さに私が記事を面白くするために書いたんじゃないかと疑われるのが怖い(神に誓って捏造してません)。そしてそれ以上に、トイレにこんな落書きをしてしまう東大生の心の闇が怖い。

これを皮切りにぞろぞろと東大生の「魂の叫び」が。

(人生に目標など無い)

重すぎるだろ。

東大生「人生に目標など無い」



ニート「人生に目標など無い」

では意味合いがまったく変わってきます。

(学歴が全て)

東大生ってうんこしながらこんなこと考えてたんだ……。

なんというか、私は開いてはいけない扉を開いてしまったのかもしれません(文字通り)。東大生を見る目が変わる。

そして、決定的に東大生のイメージが覆ったのがこの屋外トイレ。

いいオーラが出ている。

屋外のトイレだけあって荒れ放題。

そして、その壁には、

(みき 080-××××-○○○○ かんたんにやらせてくれるよ)

うわぁ……。

トイレ落書き業界(そんな業界あるのかどうか知らんが)でもっともポピュラーかつ低レベル(褒め言葉)といわれる「女性の名前+電話番号+エッチなメッセージ」の落書き! まさか東大でこれを拝めるとは。

(ヤリサー最高)

うへぇ……。

そういえば最近、東大のヤリサーのメンバーが豊島区のマンションで女子大生に暴行して捕まりましたね……。

(ムレたマ◯コ)

……。

あのさぁ。

うーん、

気持ちはわかるが落ち着け。

でもね、みなさん、ひとつ衝撃的なことがあるんですよ。

これ書いた奴ら、日本で最高クラスに偏差値が高いんすよ(泣)

……というわけで今回の企画「東大のトイレの落書きは偏差値が高いのか」、結論になります。

別に偏差値は高くねぇ!(少なくとも1・2年生に限っては)

とはいえ、ここまで紹介した落書きを見ていると東大生も我々庶民と変わらない欲望や悩みに苛まれる同じ人間なのだなぁ、と痛感する次第です。今回の取材を通して東大生を見る目は変わったけど、むしろ親近感のような感情を抱くようになりました。

あ、いや、でも、

(サークル団体用に設置された伝言掲示板で発見)
※カント=ドイツの哲学者イマヌエル・カント。近代哲学の最重要人物のひとり。

うん、やっぱ東大生って変かもしれん。

(ニノマ)