ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所は、知能化技術の研究開発を強化するため、外部有識者や研究機関との連携を図る共創の場として、新拠点「HondaイノベーションラボTokyo(英語名称:Honda R&D Innovation Lab Tokyo)」を、今年9月を目標に東京・赤坂に開設すると発表しました。

1

本田技術研究所は、すでに2003年に知能化研究を進化させることを目的に、ホンダ・リサーチ・インスティチュート(以下、HRI)を設立。ドイツ・フランクフルト、米国・シリコンバレー・コロンバス、日本・埼玉県和光市に拠点を設けています。

これらの拠点に加え、今回新たにHondaイノベーションラボTokyoを開設する理由は、都内・赤坂という立地条件を活かして、大学や研究機関の研究者・外部有識者との連携を密接にして、人工知能(AI)に特化した研究開発を加速させることにあると見られます。

ホンダの知能化技術というと、ロボットASIMOがありますが、ASIMOで蓄積した成果に、HondaイノベーションラボTokyoで得られるAIの技術・情報を加えて、自動運転やコネクティビティ、ロボティクスなどの分野の研究を拡大強化することが期待されます。

(山内 博・画像:ホンダ)

ホンダが知能化技術研究開発の新拠点「HondaイノベーションラボTokyo」を開設(http://clicccar.com/2016/06/08/376209/)