7日、中国の民間調査機関、胡潤研究院が発表した2016年版の慈善活動のランキングで、中国インターネットサービス大手、テンセント(騰訊)の2人の創業者が1〜2位を占めた。資料写真。

写真拡大

2016年6月7日、中国の民間調査機関、胡潤研究院が発表した2016年版の慈善活動のランキングで、中国インターネットサービス大手、テンセント(騰訊)の2人の創業者、馬化騰(ポニー・マー)氏と陳一丹(チェン・イーダン)氏が1〜2位を占めた。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

馬氏の寄付額は139億元(約2261億円)、陳氏は40億元(約650億円)だった。

3位は中国大手造園会社、東方園林の何巧女(ホー・チャオニュー)董事長。同ランキングは04年から毎年発表されているが、女性でトップ10入りしたのは何氏が初めて。

寄付金総額は前年比50%増の300億元(約4879億円)に達した。1億元(約16億2000万円)以上寄付した人は27人で前年から9人増えた。教育と災害救援に寄付した人の数はほぼ同数だった。(翻訳・編集/柳川)