ホームの吹田スタジアムを沸かせた宇佐美。「あれだけボールが来れば良い形を作れる」と話す前半の形をコンスタントに出していければ、大きな武器になる。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

[キリンカップ]日本代表1-2ボスニア・ヘルツェゴビナ代表
6月7日/市立吹田サッカースタジアム
 
 1-2と逆転負けを喫したボスニア・ヘルツェゴビナ戦(以下、ボスニアHG)の収穫と課題は? ブルガリア戦に続き、アタッキングサード(相手ゴール側のゾーン)、ミドルサード(真ん中のゾーン)、ディフェンディングサード(自陣ゴール側のゾーン)に分けて日本代表のパフォーマンスを検証する。

――◆――◆――
 
 本田圭佑と香川真司が不在のアタッキングサードで目を引いたのが、「清武→宇佐美」のラインだ。清武がサイドに捌き、宇佐美がタメを作りながら仕掛け、時にはオーバーラップしてきた長友を使い、時には逆サイドの浅野に振ってゴールに迫った。28分の先制点のシーンでも、宇佐美が長友を囮にカットインし、相手の守備網を崩して清武のシュートをお膳立てしている。前半、攻撃を牽引したのは間違いなくこのふたりであり、宇佐美が「あの(速い)テンポで、あれだけボールが入ってくれば良い形でやれる」と自信を深めたのは収穫だろう。
 
 ただ、浅野の裏への動きを使っていく戦術に切り替えた後半は、お世辞にも攻撃が機能していたとは言い難い。ウイングやトップ下に加え、ボランチからもロングボールを供給して浅野を走らせていたが、ボスニアHGの守備ブロックを崩すには至らず。右サイドに偏重していくにつれ、前半輝きを放った宇佐美も徐々に見せ場が減ってしまった。
 
 清武ら複数の選手が「後半は攻撃が単調になってしまった」と振り返る。特に、ボスニアHGの最終ラインは身長194センチの長身CBシュニッチを筆頭に、全員が180センチ以上。屈強な相手に真っ向勝負を挑んでも、簡単にチャンスは作れない。岡崎や浅野の裏狙いだけでなく、前半のようにサイドで揺さぶっても良かったのではないか。
 
「ブロックを敷かれた時の崩し方は改善点がある」(長谷部)なかで、代表デビューを果たした小林祐希は流れを変えるアクセントになった。停滞するチームを見て、裏ではなく、スペースでボールを受けてスルーパスを狙うプレーにシフト。78分にはペナルティエリア外から果敢にミドルシュートを放って、突破口を見出そうとした。ゴールこそ割れなかったが、小林祐が入った74分以降は攻撃の圧力が高まったのは間違いなく、自らの判断でバリエーションを増やした働きには一定の評価を与えていいだろう。
 
 もっとも、相手より多くのチャンスを作りながら、1点しか奪えずに敗れたのが現実だ。15分には清武のシュートがバーを叩き、25分には浅野がフリーでヘディングシュートを放ちながら、ゴールを挙げられなかった。今後も、本田や香川を欠くシチュエーションは考えられるだけに、「最後の部分で正確性が欠けた」(ハリルホジッチ監督)点は修正しなければならない。
  ミドルサードは身長198センチのCFジュリッチのポストプレーを基点に攻撃を仕掛けてくるボスニアHGに対し、ボールの奪いどころを定め切れず、簡単にロングボールを入れさせてしまった。岡崎は「相手CF(ジュリッチ)のフィジカルの強さが自分たちを混乱させた」と機能不全に陥っていたことを認める。フィジカルの差に加え、そのわずかな心の迷いが、フィフティ・フィフティ(50/50)のボールでもボスニアHGに「7、8割拾われた」(長谷部)要因だろう。
 
 肉弾戦において、意地を見せたのが後半から出場した遠藤だ。「遠藤を出してデュエルでパワーをもたらそうとした」というハリルホジッチ監督の意図に応えるべく、自身よりも10センチ以上大きい相手に球際で勝負を挑み、相手を弾き飛ばすシーンもあった。ボールホルダーへの寄せが甘くなり、失点を招いたブルガリア戦の反省をすぐに実践したことに、指揮官も「遠藤の入り方には満足している」と賛辞を送る。ボスニアHG戦の強度を保てれば、試合終盤にリードを守り切るオプションとしても見込めるだろう。