未来人ジョン・タイターとトヨタの新型エスティマがコラボ!?世界線がずれたな

写真拡大

自動車メーカーのトヨタが6月6日に新しくなった、新型エスティマ『TOYOTA ESTIMA』のキーメッセージ「好奇心を、動かそう。」にちなんで、世界にある19のWonder(不思議)とコラボしたキャンペーンサイト『Sense of Wonder』を公開しました。

【関連:行く年来る年「終末論」 来年以降の地球の予定をお知らせ】

Sense of Wonder

全19には、UFOは勿論、時空の旅人「サン=ジェルマン伯爵」、未解読文字で書かれた謎多き古文書「ヴォイニッチ手稿」、ムー大陸に相当する部分も描かれた「聖徳太子の地球儀」、さらにはアニメ『STEINS;GATE』のモデルにもなった「未来人ジョン・タイター」の紹介も。

ジョン・タイターは2000年にアメリカの大手掲示板に現れた自称2036年からやってきたタイムトラベラー。日本にも2062氏という似たような人物が大手掲示板に現れたことがありますが、タイターの方が登場時期も早く、「掲示板に現れる未来人の元祖」と言われています。
と言うか未来人なんで掲示板によく登場するんだろう。というやぼな突っ込みはなしにして、彼は未来について(彼にとっては過去のこと)色んな発言を残していますが、今のところ外れたものが多いようです。ただ彼の言葉を借りるならタイムトラベルしたことで「世界線にずれが生じた」とも言えるかと。

そんなタイターは本人談1998年生まれ。2016年現在では18才になっています。そしてタイターが2000年に現れたときのタイムマシンのベースは一般乗用車。そこでタイターのページでは「タイターのタイムマシンがエスティマだった可能性もある」という指摘も。そ、そうですね……。

ちなみにこのサイトを監修したのは、「奇妙なもの」のスペシャリスト、写真家・佐藤健寿さん。PC版とスマホ版があり、スマホ版では、ページをスクロールダウンすると、突如UFOが現れサイトの文字をミューティレーションするなど、スマホサイトでしか楽しめないインタラクションも用意されています。さらに7月〜9月頃には佐藤さんと行く「ESTIMA Wonder Trip」の開催や、新たなコンテンツの投入が予定されているそうですよ。

▼紹介されている全19のWonder
・UFO (未確認飛行物体)
・ファフロツキーズ現象
・サン・ジェルマン伯爵
・UFOパンケーキ事件
・ヴォイニッチ手稿
・聖徳大使の地球儀
・オルフィレウスの永久機関
・ディスマン
・未来人 ジョン=タイター
・架空の街アグロー
・メジェド
・クシュヴィ・ラス
・クケリ
・ジャッカロープ
・フラットウッズ・モンスター
・クラーケン
・モンティ・ホール問題
・シュレーディンガーの猫
・無限の猿定理