「Round About Miles Davis(タワーレコード限定)」

写真拡大

ジャズとはノスタルジーだといったのは寺山修司だっただろうか。それとも村上春樹か。ひさしぶりにCDショップをのぞいたら、ジャズの廉価版があふれているのに驚いた。

そのむかし、LPレコード一枚2000円以上した名盤が1000円程度で並んでいる。ついノスタルジックな気分になって、あれこれ漁ってみた。

とりあえず買っておきたい

中でも、これはお買い得と思ったのは、「Round About Miles Davis(タワーレコード限定)」。モダンジャズの頂点に君臨し、圧倒的な人気を誇ったトランぺッター、マイルス・デイビス(1926〜1991)の名演奏を集めた3枚組だ。これが何と1200円(税抜)というから驚きだ。2016年5月25日に発売されたばかり。

1枚目のCDには「Round Midnight」「So What」「Oleo」など12曲。2枚目のCDには「Autumn Leaves」「My Funny Valentine」「Bags' Groove, take 1」など11曲。3枚目は「Bye Bye Blackbird」「Milestones」など10曲の全33曲。「マイルス・デイヴィス生誕90周年! タワレコ企画・選曲による至高のマイルス・コンピレーション」だという。

数々の傑作アルバムの中から、50年代のハード・バップ期から60年代初頭のモード・ジャズ期の名演が選りすぐられている。音源はプレスティッジ、コロムビア、ブルーノートなど。モダンジャズの世界を切り開いたマイルスの魅力満載だ。何枚ものLPに分散していた歴史的名演が3枚組にまとめられ、全盛期の音色を存分に楽しめる。しかもこの値段で聴けるのだからありがたい。ファンでなくても、とりあえず買っておく価値は十分ある。

売上ランキングのベスト5は?

モダンジャズの「帝王」とも呼ばれたマイルスは、その名にふさわしく、数多くの「子分」たちを擁した。今回のCDでも「子分」が大活躍している。ジョン・コルトレーン、キャノンボール・アダレイ、ビル・エヴァンス...。いずれものちに自らが「親分」になってジャズ史に名を残す豪華メンバーだ。「マイルス一家」がいかに「レジェンドぞろい」だったか、痛感させられる。

ほかにもタワーレコードからは、「Emotional Jazz Saxophone」(3枚組、税抜1200円)、「BEAUTIFUL JAZZ PIANO」(3枚組、税抜1000円)などジャズの黄金期である50〜60年代にスポットをあてた「お徳用盤」が最近出ている。前者にはジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、アート・ペッパー、スタン・ゲッツ、チャーリー・パーカーらの40曲、後者にはビル・エヴァンス、オスカー・ピーターソン、バド・パウエル、レッド・ガーランド、セロニアス・モンク、ホレス・シルヴァー、ソニー・クラークらの45曲が収録されている。

このほか、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンからは「ジャズの100枚」シリーズが期間限定発売。1枚1000円(税抜)。こちらはレーベルの枠を超えた歴史的名盤シリーズだ。ジャケットも発売当時のまま。14年10月から第一期、第二期、第三期と順次出ており、合計の売り上げが日本のジャズシリーズでは最速で100万枚を突破したという。すでに店頭在庫のみ。昨年12月段階での売上ランキングは下記のようになっている。

◆作品別1位 「ワルツ・フォー・デビイ+4」(ビル・エヴァンス ) 2位 「ザ・ケルン・コンサート」(キース・ジャレット) 3位 「バラード」( ジョン・コルトレーン) 4位 「クール・ストラッティン」(ソニー・クラーク) 5位 「ポートレイト・イン・ジャズ+1」(ビル・エヴァンス )■アーティスト別(各作品合計)1位 ビル・エヴァンス7万枚2位 マイルス・デイヴィス5.5万枚 3位 ジョン・コルトレーン5万枚4位 キース・ジャレット4万枚5位 ウェス・モンゴメリ3万枚

「モダンジャズ」はその名の通り、かつては新しくてモダンだった。しかし、50年代から60年代中期の隆盛時が去って半世紀余り。いまでは懐古趣味で振り返る音楽に様変りしている。「ジャズの100」の懐かしいジャケットを手に取れば、たちどころに半世紀前にタイムスリップ、しみじみノスタルジーに浸ることができそうだ。