画像

写真拡大 (全2枚)

 シンフォニーマーケティングは、「Marketo」との連携ソリューション「DBFocus connector for Marketo」の提供を開始。同ソリューションでは、マーケティング活動で得られたデータの蓄積、整理を行い、MarketoとのAPI連携を行う。

 BtoBマーケティングを支援するシンフォニーマーケティングは、マルケトが提供するマーケティングオートメーション「Marketo」との連携ソリューション「DBFocus connector for Marketo」の提供を開始した。

 これまで、Marketoに取り込むためのデータが分散されており、スコアリング機能を活用しようにも必要な属性情報がない、データ管理がうまくいかないといった問題が起きるケースがあった。

 そこで「DBFocus connector for Marketo」では、日々発生するマーケティングデータをDBFocus上に蓄積、整理しMarketoとのAPI連携を可能にした。これにより、Marketo上でのデータ管理の問題が解決できる。

MarkeZine編集部[著]