3Dプリンターの技術にはまだそれほど長い歴史があるわけではありませんが、さまざまな用途に応用されるようになってきています。とうとうドバイには、3Dプリンターだけで建設されたビルが完成しました。

CNETの報道によると、この3Dプリンターで建設されたビルの面積は2700平方フィートで、印刷には17日かかったそうです。



上の動画から、このビルの様子を見てみましょう。

18人の建設チームの残りは設置作業員、電気技術者、機械技術者などで、従来の方法と比較すると建設費と人件費で半分ほどのわずか14万ドルという予算でビルを完成させることができました。

アラブ首長国連邦(UAE)のMohamed Al Gergawi内閣総務大臣は次のように述べています。


これは世界初となる3Dプリンターで建設したビルで、それもただ作って終わり、というわけではありません。社員が働くオフィスとして、きちんと機能するビルなのです。


Gergawi大臣によると、ドバイでは2030年までに全てのビルのうちの25%を、3Dプリンターで建設しようと計画しているそうです。


DUBAI HAS 3D-PRINTED AN ENTIRE BUILDING|Popular Science

G. Clay Whittaker(訳:コニャック)