三島スカイウォークで絶景さんぽ

写真拡大

【静岡観光/女子旅プレス】東京から車で約2時間ほどの場所にある箱根西麓エリア。日本一高い富士山、日本一深い駿河湾の開放感に溢れた絶景を上空から望む「三島スカイウォーク」が2015年に誕生し、贅沢グルメを味わえるスポットも盛り沢山。爽やかな初夏のお出かけにもぴったりな、箱根西麓エリアの日帰り旅行プランをご紹介します。

【さらに写真を見る】絶景さんぽ&贅沢グルメを巡る、夏の箱根西麓日帰り旅行プラン

♥「三島スカイウォーク」で富士山&芦ノ湖の絶景さんぽ


新たな観光名所として、雄大な自然溢れる静岡県三島市に2015年12月に誕生した「三島スカイウォーク」は、高さ70メートルの吊り橋から「絶景さんぽ」が楽しめる歩行者専用の日本一長い人道吊り橋です。

スカイウォークの長さは400メートル、アトラクション性を高めるためにあえて適度に揺れやすい設計となっています。

標高415メートルの箱根西麗エリアに位置し、平地より気温が低く、海からの風、富士山、駿河湾の眺望など夏らしい開放感に溢れているので、熱い夏でもしっかり涼しさを感じられるスポットです。

■三島スカイウォーク概要


正式名称:箱根西麓・三島大吊橋
住所:静岡県三島市笹原新田313
電話番号:055-972-0084
営業時間:9:00〜17:00まで(最終入場16:30)

♥絶景さんぽの次は水上&空中さんぽ


スカイウォークから車で約20分離れると箱根・芦ノ湖があり、芦ノ湖の桃源台港、箱根町港、元箱根港の3つの港を結ぶ箱根海賊船では「水上さんぽ」を、桃源台〜大涌谷間を運行する箱根ロープウェイでは「空中さんぽ」をそれぞれ楽しめます。

スカイウォークで吊り橋を歩いたら、船上、ゴンドラからもそれぞれの「絶景」をまとめて楽しむのがおすすめです。

■箱根海賊船/箱根町港


住所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根161
電話番号:0460-83-7722
営業時間:9:00〜17:00(箱根町港 ※3/20〜11/30)

■箱根ロープウェイ/桃源台駅


住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
電話番号:0465-84-8439
営業時間:9:00〜15:30(2016年6月現在)※第2・4木曜運休

♥夏の静岡で食べたい贅沢グルメ&スイーツ


スカイウォークには付帯施設として「スカイガーデン」というショップがあるのですが、この施設内にあるトマト専門店「南箱根シェルト」では、濃度50のトマトエキス入りジェラート「極(きわみ)」などで夏をたっぷり感じられます。

また芦ノ湖畔の茶屋本陣「畔屋」では、湖畔の駿河湾産の素材をたっぷりのせた「桜海老としらすの箱根八里丼」に舌鼓を打つことも。視覚と味覚の両方で夏を感じてみては?

■茶屋本陣 畔屋店舗情報


住所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根161-1
電話番号:0460-83-6711
営業時間:1階物販店 5店舗/9:30〜17:00
2階cafe KOMON「湖紋」/9:30〜16:00(LO15:30)

♥静岡名物うなぎ料理のおすすめスポット


静岡県といえば、銘菓「うなぎパイ」が有名なことからもわかるよう、日本でも5本の指に入るうなぎの名産地ですよね。特に三島駅周辺では富士山の湧水に1週間さらして、余分な脂肪や臭みを消し、美味しさを引き出した名物「三島のうなぎ」を堪能できるんです。

そんな三島のうなぎ店といえば、創業安政三年の老舗「うなぎ 桜家」や、創業60余年の専門店「元祖うなよし」が有名。甘辛タレをたっぷりまとってツヤっとふっくら焼き上げたうなぎは、滋養強壮にも効果的がある食材なのでまさに夏にぴったりです。

■うなぎ 桜家店舗情報


住所:静岡県三島市広小路町13-2
電話番号:055-975-4520
営業時間:11:00〜20:00
定休日:水曜日

■元祖うなよし店舗情報


住所:静岡県三島市緑町21-6
電話番号:055-975-3340
営業時間:11:00〜19:30
定休日:木曜日

いかがでしたか?

冬の温泉シーズン以外も十分魅力的な箱根西麓エリア。次の週末は、日本が誇る富士山周辺の絶景とその土地の名物グルメも存分に堪能できる、夏の日帰り旅行へ出かけてみませんか?(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。