なぜサウジアラビアはUberに「過去最高額の投資」をしたのか?

写真拡大

Uberは、サウジアラビアの公的投資基金から35億ドルの資金提供を受けたと発表した。サウジアラビアの目的は、Uberを活用することで時代に合った国の経済を築くことだ。

「なぜサウジアラビアはUberに「過去最高額の投資」をしたのか?」の写真・リンク付きの記事はこちら

Uberは6月1日(米国時間)、サウジアラビアの公的投資基金(Public Investment Fund:PIF)から35億ドルの資金提供を受けたと発表した。

この額は、ヴェンチャーキャピタルに支援された企業における単一の資金調達に関しては過去最高となる。『New York Times』の記事によると、この資金提供と引き換えに、PIFのマネージングディレクターを務めるヤシール・アル・ラマヤーンがUberの取締役会の一員になるという。

Uberは2014年からサウジアラビアに参入し、急成長している。同国の女性はクルマの運転が認められておらず、男性保護者の許可がないと外出も制限される。女性が見知らぬ男性と会話をするのも禁止されている。場所を移動するために、女性は私用の運転手を雇ったり、サウジアラビアの各大都市で営業している認可タクシーやリムジン会社を利用してきた。

Fast Company』によると、Uberのサーヴィスは、サウジアラビアで長年にわたって国から許可を得て営業してきた認可リムジン会社だけを通じて提供されているという。Uberのシステムを通して情報を統合することで、配車を依頼しやすくなり、待ち時間が減らせるようになるというのが売りだ。

サウジアラビアにおける乗客のおよそ80パーセントは女性だとUberは説明している。Uberはまた、サウジアラビアで働く外国人運転手たちのために、居住や労働許可の事務手続きを支援している。

PIFは、Uberに対する今回の資金提供について、2030年までに石油依存から脱却して経済活動の多様化を図るとともに、より多くの女性たちの労働参加を促進するというサウジアラビアの目標への一歩だと説明している。

RELATED