かなり締まった試合になったボスニア・ヘルツェゴビナ戦。日本の弱点が改めて浮き彫りになるなかで、長谷部の相棒探しは急務だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦は、ブルガリア戦と違ってかなり締まった試合になった。ただ、やっぱりエディン・ゼコとミラレム・ピャニッチを見たかったというのが本音。日本戦でも2ゴールを挙げたミラン・ジュリッチとゼコの2トップは強烈だろうし、ピャニッチが右サイドでどう絡むのか。ふたりが来日しなかったのが残念でならない。
 
 今回の試合で、改めて日本は弱点を曝け出してしまった。以前から主張しているように、前線に大きい選手がいるとかなり苦戦を強いられる。今回はデカいだけでなく、キープ力もあったから、高い位置に起点を作られてしまった。吉田麻也ではなく、わざと森重真人のほうに寄って勝負していたのも印象に残った。
 
 あとは、ブルガリアが足もとばかりで勝負していたのとは正反対で、最終ラインの裏のスペースが相手の第一選択肢だったように思う。それがダメならジュリッチに当てて押し上げる。ブルガリア戦では、日本は縦パスに両CBが激しく寄せてボールを奪っていたからボランチは安心して前に出られて、それが前線からの連動した守備につながっていた。
 
 ただ、ボスニア・ヘルツェゴビナは全員の足もとの技術がしっかりしていて、前からプレスされてもいなせるし、裏のスペースを狙っている選手を目がけてCBからでも精度の高いボールが出てくる。どのチームであろうと裏を取られることは失点と同義語だけど、1失点目がまさにそうだった。結果として、吉田と森重は縦パスへの思い切ったアプローチができなくなっていった。
 
 それが“起点”を作られた主な原因だろう。あとは、攻撃のアングルチェンジが日本を疲弊させた。2失点目がいい例だ。セットプレーから右サイドに振る。長友佑都が身体を寄せに行ったが、トラップ1発で中に侵入され、左サイドからダイアゴナルランしてきたジュリッチに縦に入れられて決勝点を奪われた。簡単に崩された。
 
 日本は守備時に陣形をコンパクトに保つので、ポゼッションをしてくる相手には有効だが、サイドチェンジで局面を打開する相手には苦戦してしまう。ひとつ横に振られるとズレが生まれて、そこに対応しようとしてさらに矢印を逆に向けられるとスパッとやられちゃう。「横に揺さぶれば脆い」と、ロシア・ワールドカップのアジア最終予選で戦う相手は思ったはずだ。
 強豪と呼ばれる国には、チームの心臓となるボランチに必ずと言っていいほど良い選手がいる。それを踏まえて、世界レベルの相手と戦ったことで再認識したのは、「長谷部誠の相棒探し」を急がなければならないという点だ。アジア最終予選の先、ワールドカップを見据えた時に「誰がその役目を務められるのか」を把握して、コンビネーションを高めていく必要がある。
 
 キリンカップの2試合ともに長谷部のパフォーマンスは素晴らしかった。これといったパスミスはなく、どんな場面でも落ち着いていて、危険地帯の察知も早かった。彼が真ん中にいるだけでチームとして安定感、安心感があった。個人的にはもっと前に出たり、ミドルシュートを狙っていいと感じているが、バランスをまず考えてのポジショニングだったのだろう。
 
 前半の相棒役を担った柏木陽介はパスセンスに間違いはない。ただし、相手の圧力をもろに受けて前に矢印の向いたプレーが出来ていなかった。もう少し下がりながら、相手を誘き寄せて捌く動きも必要だった。ブルガリア戦のようなボールタッチがなかったのが、「レベルの高い相手にも通用するのか」という心配につながってしまう。
 
 もちろん、ハリルホジッチ監督が「前に速く」を要求しているのは理解しているし、戦術的な難しさもあったのだろう。なによりも一番の問題点は、守備面の不安が大きいことだ。レベルが上がるにつれて、あのポジションにおけるディフェンス力の重要度は増す。今回の試合の出来では、残念だが合格点を与えられない。