7日、英紙デイリー・メールは中東メディアを引用し、過激派組織「イスラム国」(IS)が少数派のヤジディー教徒の女性19人を檻に入れて焼き殺したと報じた。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月7日、英紙デイリー・メールは中東メディアを引用し、過激派組織「イスラム国」(IS)が少数派のヤジディー教徒の女性19人を檻に入れて焼き殺したと報じた。

中東のクルド系メディア「ARAニュース」によると、ISはイラク北部でヤジディー教徒の女性19人を檻に入れて焼き殺した。ある目撃者の話によると、女性らは数百人が見ている前で殺害されたという。ISは、女性らがISの戦闘員と性交渉することを拒否したため、罰せられたと述べている。ヤジディー教徒はISから「悪魔崇拝者」とみなされており、ISは現在も3000人以上のヤジディー教徒を拘束しているという。

この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「この世界とそこに住むモンスターたちに絶望している」

「悪魔の行為だ」

「卑劣なモンスターだ」

「いつこんな残虐行為を止められるんだ?」

「そして、彼らは自分たちのことを信心深いと主張している」

「この報道を読んでいるだけで気分が悪くなった。すぐに何とかすべきだ」

「なぜこんな非人間的な人々がこの世にいるんだ!」

「恐ろしい。世界の将来が本当に心配だ」(翻訳・編集/蘆田)