幸せホルモンがドバァ!食べてグッスリ「不眠症を解消する」食品5つ

写真拡大

夜眠れなくて昼間逆に眠たい……、布団に入ったのに全然寝付けなくてストレスがたまるなど、不眠になってしまうと生活のリズムが崩れ、精神的にも肉体的にもいいことはありません。

『WooRis』の過去記事「今夜もまた眠れない…“つらい不眠”を解消する生活習慣の改善方法6つ」では不眠を解消する習慣を紹介していますが、今回は食べ物や飲み物に焦点を当てて、薬に頼らず不眠症を解消した経験を持つ山本みきさんに、不眠を打破する方法を聞いてみました。

 

■不眠症の原因とは

山本さん曰く、

「不眠症になる原因の一つとして、体内で生成される“セロトニン”や“メラトニン”が不足していることが挙げられます。

セロトニンは別名“幸せホルモン”とも呼ばれており、精神状態を平常に保ち心豊かに過ごすためには欠かせないホルモン。またメラトニンは別名“睡眠ホルモン”とも呼ばれ、セロトニンがその分泌を促します。

これら睡眠に重要だとされるホルモンは、必須アミノ酸である“トリプトファン”を摂取することで作られます。」とのこと。

つまり、トリプトファンが睡眠の鍵を握っていると言っても過言ではないのです。

トリプトファンは食べ物から摂取することが必要になるため、トリプトファンを多く含む食べ物を積極的に身体に取り入れることが大切だそうです。

では実際にはどのような食べ物や飲み物がトリプトファンを多く含んでいて、日常生活の中で取り入れやすいのでしょうか?

 

■1:バナナと牛乳のシェイク

「牛乳には多くのトリプトファンが含まれており、セロトニンの生成に役立ちます。

またバナナにもトリプトファンは含まれていますが、ビタミンB6とマグネシウムも含まれており、抗ストレス作用のある“コルチゾール”を生成するために必要な栄養分です」と山本さん。

つまり、牛乳とバナナは快適な睡眠をもたらすためにはパーフェクトな食材と言えるのです。

そのまま食べてもいいし、ミキサーでシェイクしてさっと飲むのもおすすめ。ホットミルクも睡眠に効果的だそうです。

ホットミルクの話はよく聞きますが、バナナも睡眠にいいのですね! 眠れない夜にはバナナとミルクのシェイクを作って飲んでみるといいかもしれませんよ。

 

■2:アーモンドなどの豆類、お米

「豆類、特にアーモンドにはトリプトファンが多く含まれています。また変わったところではひまわりの種。こちらも食用で販売されていますのでおやつとして食べても良いかもしれませんね。

また、お米にもトリプトファンはしっかり含まれています」だそうです。

最近は糖質オフのダイエットなどが流行っているため、特に夜はお米を食べないなんて人も多いですが、睡眠のためには夜も適度な量のお米を食べる方がよさそうです。

 

■3:動物性タンパク質類

「肉類(特にレバー)や魚類(特に赤身魚)にはトリプトファンが豊富に含まれています。普段の生活の中でもよく食べるものなので、自然とトリプトファンを摂取できている人も多いのではないでしょうか」

レバーは鉄分が豊富ということで有名ですが、トリプトファンも豊富に含まれているのですね。動物性たんぱく質はダイエットをしている人にも必要な栄養素ですし、しっかり摂りたいですね。

 

■4:アメリカンチェリー

「アメリカンチェリーにはメラトニンが多く含まれており、アメリカンチェリーのジュースを飲むと睡眠効果をもたらしたり、尿酸値を下げる効果があることが最近の研究で分かっています。

デザートとして食べても手軽で良いですね」

アメリカンチェリーのジュースというのは普段あまり目にすることはありませんね。もちろんそのまま食べてもいいですが、夜寝る前ならアメリカンチェリーをジューサーでスムージーのようにして飲むのもいいかもしれませんよ。

 

■5:青汁

「青汁にもメラトニンが豊富に含まれています。また主原料となる“ケール”には美肌効果や便秘解消効果もあり一石二鳥です」

青汁とは意外ですね。青汁は健康や美容のために飲んでいる人はいるでしょうが、睡眠にもいい作用があるのなら、さらに飲んでみたいという人も増えるのではないでしょうか。

 

いかがでしょうか?

睡眠のために効果的な食べ物を5つ紹介しましたが、やはりバランスの良い食生活はとても大切であるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

普段の食事をバランスよくするのはもちろんのこと、それに加えてあまり寝つきが良くないと感じている場合は、今回紹介した食べ物や飲み物も積極的に摂ってみてはいかがでしょう。

(ライター 大山奏)

 

【取材協力】

※ 山本みき・・・妊娠中にうつ病と診断され、そこから不眠症に陥ったが、お腹の子供のためにも睡眠薬だけは絶対に飲まないと決めて不眠症を克服したいと決める。医師へのヒアリングや書籍で不眠についての知識を深めてさまざまな対策を行い不眠症を克服した1児の母。『睡眠薬 副作用の危険性|うつ病や不眠症で睡眠薬を使う前に』

 

【関連記事】

※ 「幸福度の低い人」に共通する朝食メニューの特徴が調査で判明

※ コーヒーも冷たい水も!「生理痛をさらに悪化させる」NG食品5つ

※ 折角の鉄分摂取が…水の泡!「貧血からの回復」を妨げる栄養5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 忙しい女性の「ムダ毛処理」のコツ!自宅で本格光ケアを実感

※ 秘訣は「生きた酵素」?40代から-8kgを目指すダイエット成功の鉄則

※ ウソみたいにドッサリ!93%が実感の自然に出ると話題の青りんごジュースとは

 

【姉妹サイト】

※ そのサラダは…どっち!?「痩せるサラダと太るサラダ」の境界線とは

※ 子犬や子猫のいまを動画配信!見るだけで癒される犬&猫ライブカメラ

 

【画像】

※ Fomaa / PIXTA(ピクスタ)