「人間への輸血ならあり得ない量」犬への医療ミスで損害賠償命令

ざっくり言うと

  • 2013年、大阪市内のある一家が愛犬への医療ミスで動物病院運営会社を訴えた
  • 5月、犬への輸血量過多が認められ、大阪地裁は33万円の賠償を命じた
  • 欧米の輸血ガイドラインの1.5倍の量が輸血されていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング