画像

写真拡大 (全2枚)

 プラスアルファ・コンサルティングのマーケティングオートメーションシステム「カスタマーリングス」とプレイドが提供するウェブ接客プラットフォーム「KARTE」が連携を開始した。

 ソフトウェア開発を行うプラスアルファ・コンサルティングは、マーケティングオートメーションシステム「カスタマーリングス」とプレイド提供のウェブ接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」の連携を、6月9日より開始したと発表した。

 同連携により、カスタマーリングスで作成可能なオンライン以外での顧客との取引、過去の購入商品や金額など詳細な条件でセグメントされた顧客リストをKARTEに渡すことができるため、オムニチャネルでのweb接客サービスが実現可能になる。

 また、カスタマーリングスのセグメントに合わせ、顧客対応をリアルタイムにアクションに活用することもできる。

MarkeZine編集部[著]