3日、韓国の男子高校生がSNSで紹介した「僕の天使のような友人」の姿が、6万以上の「いいね」を集め、大反響を呼んでいる。写真は韓国ウォン。

写真拡大

2016年6月3日、韓国の男子高校生がSNSで紹介した「僕の天使のような友人」の姿が、6万以上の「いいね」を集め、大反響を呼んでいる。韓国・SBSが伝えた。

心の温かい「天使」と絶賛を浴びているのは、釜山市内の高校に通う1年生キム・キョンミン君。「僕」が紹介した出来事は、キョンミン君との下校途中に起こった。道端に座り野菜を売っているおばあさんの前を通り掛かったところ、酔っ払った年配の男が野菜の入った籠を蹴散らして立ち去った。おばあさんは路上に散らばった野菜を拾いながら泣き顔に。するとキョンミン君がおばあさんに近づき、野菜を指さすと一言「これ全部ください」と言ったという。

野菜は2万ウォン(約1800円)。キョンミン君のお小遣いの2日分だ。手持ちが1万ウォンしかなかったキョンミン君は、「僕」に不足分を借りおばあさんに手渡すと、野菜でいっぱいのビニール袋を提げ歩き出した。「僕」は、地面に落ちた野菜を買って前を歩く友人が「いつになく悠然として見えた」として、キョンミン君の後ろ姿を撮影し、画像と共にこのエピソードをSNSで紹介した。するとこの書き込みに、数日間で6万5000もの「いいね」が付いた。

後日、SBSがキョンミン君にインタビューしたところ「普段からああいうことを見過ごせない性格」と謙遜し、「おばあさんたちが小さな椅子にうずくまり売っている姿を見ると、胸が痛んで時々買うことがある」と答えた。

この報道に、韓国のネットユーザーからも称賛の声が多数寄せられている。

「ご両親が人格教育をきちんとしたんだね」
「友達の天使のような姿を発見した彼もすてき」
「ご両親は心の優しい息子さんを持って頼もしいだろう」

「まだ心優しい子どもたちがいることに感動した。最近の子はみんな世間知らずかと思っていたけど、違うね」
「カッコいい。人格教育は成績より大事だね」
「最近にしては珍しい高校生だ」

「誰もが心で思っていても実践するのは難しいものなのに。この子はきっと大物になる」
「こういう若い子たちからも学ぶ点があるね。このままの心を持って大人になってほしい」
「韓国も捨てたもんじゃない」(翻訳・編集/吉金)