ファンキー加藤、ピュアは歌だけ?“中途半端な”胸のうち
 ゲスベッキー騒動も一段落ついたところへ飛び込んできた、ファンキー加藤のW不倫。しかも相手がアンタッチャブル・柴田英嗣の元妻と、ナナめ上な展開。子供を持つ身同士の情事ということで、ネットでは袋叩きにあっています。

 でも、ちょっと待ってください。ファンキー加藤は、そんなに悪い人間なのでしょうか。確かに、彼のファンキー棒はイタズラが過ぎたかもしれません。それでも曲を聴けば、どれだけピュアな人間かが分かるのです。というわけで、これまでほとんどスルーされてきたファンキー加藤の詞を読み返してみましょう。

◆(1)音楽が大好き

 忘れてはならないのは、ファンキー加藤がミュージシャンであること。「MUSIC MAGIC」で、思いが爆発します。

<『No Woman, No Cry』『Let It Be』『We Are The World』
一体どれだけの人たちが歌ってきたかな>

 とにかく知っている曲だけぶち込んだという勢いを感じますが、なぜこの並びで『We Are The World』がくるのかナゾです。

<1969年ニューヨークでウッドストック
ジミヘンジョー・コッカーサンタナスライ&ザ・ファミリー・ストーン
三日間だけで40万人歴史的なフェスティバル>

 ウィキからコピペしたとしても、もう少しまともな文章になりそうなものですが、どさくさに紛れてジョー・コッカーが入っている点に才能を感じます。

◆(2)さわやかにウソをつく

 純粋な人ほど、ウソをつく自分に後ろめたさを感じないのかもしれません。ヘタしたら、気づいてさえいないのかも……。「リスタート」という曲からうかがえます。

<ろくでなし? それとも身勝手? 君にはどう見えたの?
僕には僕の言い分が・・・ でも伝えきれなくて
だけどさ神様に誓って言えるよ 君のことを
傷つけるために僕は生まれてきた訳じゃない>

 この詞があればこそ、「しっかり謝ってこい」(加藤妻)の味わいも増すというもの。

◆(3)反省しない

 というわけで、会見でしおらしく謝り続けたファンキー加藤。だいぶ堪えていた様子ですが、果たして本気で反省しているのでしょうか。「もっと勉強しておけばよかった」という曲から、今後を占ってみましょう。

<過去から学ばない そう都合よく忘れながら
僕は馬鹿げた夢を何回でも見に行こう
ああ あんまり勉強してなくてよかった>

 奥さん。こいつ、またやらかすと思います。

⇒【YouTube】【ファンキー加藤】 「中途半端なスター」MV short ver. http://youtu.be/fXeOg14-94Q

<TEXT/沢渡風太>