6日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国の親にとっては普通のことでも日本人が見たら顔を赤らめる行為について紹介する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

写真拡大

2016年6月6日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国の親にとっては普通のことでも日本人が見たら顔を赤らめる行為について紹介する記事を掲載した。

記事は、中国では子どもの登下校の際に親や祖父母が子どものかばんを持ってあげるのが普通であると指摘。親は子どものために当然のことをしていると考えるかもしれないが、かえって子どもの怠惰や依存心を高めてしまうため良いことではないとした。

その上で、日本の親は子どものカバンを持ってあげることはせず、「自分のことは自分でする」よう教育していると紹介。このため日本の子どもは自立心が強く、意志力が高いのだとした。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。

「中国では小学1年生がかばんを背負うと重さでつぶれてしまう」
「中国の子どもたちのかばんの重さを日本と比較できるだろうか」

「日本の子どものかばんは500グラム、中国の子どものかばんは5キロ。比べようがないだろ」
「うちの小学3年生の息子のカバンは5.5キロあった。かばんを持ってあげることが溺愛だと思ったことはないね」

「今度中学3年になるんだけど、今のかばんを量ってみたら15キロあった」
「確かに中国の親は子どものためにかばんを持ってあげている。でもなぜ日本と比較するんだ!」

「だから日本人は中国人より背が低いんだな」
「確かに中国の教育方法は見るに堪えない。3歳で家の中の皇帝になるのだから」(翻訳・編集/山中)