伝統とモダンの街"銀座"を表現したジュエリーコレクション

写真拡大

貴金属の老舗GINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー 東京都中央区)は、"銀座"の街の魅力を表現したジュエリーコレクション「GINZA CROSSOVER(ギンザクロスオーバー)」の新作10アイテムを2016年6月17日に発売する。

「GINZA CROSSOVER」は、1926年から本店を構える"銀座"の街へのオマージュとして2013年に発表したコレクション。素材や質感の違う3つのラインがデザインの特徴で、東西のさまざまな文化や伝統とモダンが調和する"銀座"を表現したという。

メタルのみのライン(15万8100円〜20万9200円)、メレダイヤモンドをセットしたライン(20万4300円〜30万4400円)、メレダイヤモンドを敷き詰めたライン(32万4000円〜49万1000円)の3ライン、計10アイテム(ペンダント3種類、リング4種類、イヤリング3種類)をラインアップ。

銀座の街に相応しい女性の魅力をイメージし、「知性」をプラチナ(Pt950)、「洗練」をイエローゴールド(K18YG)、「華やぎ」をピンクゴールド(K18PG)の3色のメタルに見立てて贅沢に使用した。既存のコレクションにはない、エッジを効かせた個性的なデザインや、エッジをずらすことで立体感を際立たせたパーツは、モダンな印象と芯の強さを感じさせてくれる。また、メレダイヤモンドには厳選された輝きを放つH&C(ハート&キューピッド)ダイヤモンド(専用スコープでダイヤモンドを覗くと上部からは8本のキューピッドの矢が、下部からは8つのハート模様が現れる)を採用。カジュアルな装いからフォーマルまで、手元や胸元をラグジュアリーに彩ってくれる。

GINZA TANAKA9店舗、オンラインショップで取り扱う。