持ち味発揮で先制点演出の宇佐美「もっと代表のど真ん中でプレーしたい」

写真拡大

「今日は本当に勝ちたかった。負けて悔しい」

 敗戦を告げるホイッスルをベンチで聞いた直後、テレビ中継のインタビューで率直に胸中を明らかにした宇佐美貴史(ガンバ大阪)。だが、この日のピッチで背番号11が確実な輝きを放ったことは間違いのない事実だ。

 7日に行われたキリンカップサッカー2016の決勝でボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表に1−2で逆転負けを喫した日本代表。宇佐美は得意とする2列目の左サイドで先発出場し、28分に清武弘嗣(ハノーファー)の先制ゴールを完璧な形でアシストした。

 森重真人(FC東京)からの縦パスを左サイドで受けると、果敢にドリブルで仕掛けて左足でクロス。これをニアサイドに走り込んだ清武の足下にピタリとボールを送り届け、見事に先制弾を演出した。自分で強引にフィニッシュまで持ち込む選択肢もあったはずだが、そこは「キヨくんがフリーだったので」と冷静にパスを選択。自身が本拠地として戦う市立吹田サッカースタジアムに歓喜を呼び込んだ。

 ゴールシーン以外にも「前半は本当にやっていて楽しかった」と言うとおり、宇佐美は次々とチャンスを創出した。12分にこぼれ球を拾って際どいミドルシュートを放つと、続く25分には左サイドからのクロスで浅野拓磨(サンフレッチェ広島)の好機を作り出し、前半終了間際にもペナルティエリア内での鋭いドリブルからあわや得点というシーンを作った。左サイドから仕掛ける彼の存在が、日本代表に怖さをもたらしていた。

「前半はいい形でパスが来ていたし、いいテンポでやれていた。シンプルにボールを動かしながらポゼッションもできていた中で、あれほど多くボールが回ってくれば、いい形でプレーできる。一対一にも持ち込みやすいし、(長友)佑都くんも上がってきてくれるので」

 そう手応えを口にする宇佐美だが、後半はチームとともにペースダウン。チームが66分に逆転を許すと、彼は74分に小林祐希(ジュビロ磐田)との交代でピッチを後にした。試合後には「いい時のテンポを90分続けないとこういう結果になる」と唇を噛み、自身のスタジアム初弾も先送りとなってしまった。

 収穫と課題を手に入れた吹田スタジアムでの初の日本代表戦。ポイントはこの試合を大きな糧として、9月から始まるロシア・ワールドカップ アジア最終予選で輝きを放つことができるかだ。

「今はまだ代表の中での立ち位置に全く満足していない。もっと代表のど真ん中でプレーしたい」。

 アジアで、そして世界で結果を出すために――。どこまでもどん欲に高みを目指す宇佐美の戦いは、まだまだ続いていく。

文=山本剛央