6日、中国の北京体育大学で、窃盗目的で侵入し犯行が露見したため逃走しようとした男が、陸上部の学生らに追い付かれ、格闘技の「散打」選手らに囲まれて取り押さえられる騒ぎがあった。資料写真。

写真拡大

2016年6月6日、中国の北京体育大学で、窃盗目的で侵入し犯行が露見したため逃走しようとした男が、陸上部の学生らに追い付かれ、格闘技の「散打」選手らに囲まれて取り押さえられる騒ぎがあった。新文化報が伝えた。

警察によると、男は学内の学生宿舎に侵入し現金を盗むなどの犯行を20件余り繰り返していた。被害金額は6000元(約9万8000円)近くに上るという。(翻訳・編集/柳川)