限定ビールも!赤坂と表参道でよなよなエールの公式ビアガーデンが夏季限定オープン

写真拡大 (全5枚)

人気のクラフトビールがドラフトで楽しめる夏限定のビアガーデンが、オフィスの多い赤坂とショッピングで賑わう表参道にそれぞれオープン。

赤坂は「アークヒルズ」、表参道は「東急プラザ 表参道原宿」で開催され、どちらの会場でも日本を代表するクラフトビールである「よなよなエール」をはじめ、人気のビールがドラフトでいただける。仕事帰りや休日のデートなど、シチュエーションに応じて利用して。

赤坂は2016年6月17日(金)から9月4日(日)まで、アークヒルズのアーク・カラヤン広場で「YONA YONA BEER GARDEN in ARK Hills(よなよなビアガーデン・イン・アークヒルズ)」を開催。仕事帰りに、ちょっと立ち寄りたくなるようなおいしいビールとフードが並ぶ。

◆赤坂には、ここでしか飲めない夏にぴったりの限定ビール「ARK Hills Ale」が新登場!


4回目となる赤坂の会場では、ここでしか飲めない特別醸造の限定ビール「ARK Hills Ale(アークヒルズエール)」も登場。

「アルコール度数は4.5%と低めなのですが、ホップをたくさん使っていてトロピカルフルーツのような香りが特徴です。軽い飲み口で、何杯でも飲める爽やかなビールになっています」と広報担当者さん。

赤坂では、「ARK Hills Ale」のほかに、ほのかに甘さを感じさせるコクと柔らかな苦味が特徴の「よなよなエール」や、香ばしく濃厚な黒ビール「東京ブラック」、華やかでフルーティな香りの「軽井沢高原ビール シーズナル 2016」などが飲める。

「ビールの苦みが苦手な方には、果実やスパイスのさわやかな味わいが楽しめるベルジャンホワイトエールの『水曜日のネコ』がおすすめです。逆に、コクや苦味をしっかり味わいたい方は『インドの青鬼』をどうぞ」(同)

6種類のビールは、いずれも700円でいただける。


フードは、クラフトビールと相性抜群のグリル料理などが揃う。

例えばプレーン・カレー・大葉山椒・パクチー・柚子胡椒の5種がある「オリジナルソーセージ」(1本650円、3本セット1800円)や、香ばしい「ローストチキン」(1500円)など。これは、ビールが進みそう!

このほか枝豆・プロシュート・フライドポテト・ソーセージ2種が入った「よなよなセット」(2500円)や、ローストチキン・ソーセージ2種・海鮮串2本・ローストポーク・ローストベジタブルがセットになった「BBQプレート」(3500円)も。

◆表参道では、クラフトビールと一緒に「夏祭りの屋台」をテーマにしたフードが楽しめる!


また「東急プラザ 表参道原宿」6階の屋上テラス「おもはらの森」には、「OMOHARA BEER FOREST by YONA YONA BEER WORKS(おもはらビアフォレスト・バイ・よなよなビア・ワークス)」が、6月24日(金)から9月4日(日)の期間限定でオープンする。

会場は周囲に緑を配した空中庭園というロケーションで、ベンチスペースなども設置されているので、ショッピングやデートの合間に気軽に利用したい。

こちらは、「よなよなエール」、「東京ブラック」、「水曜日のネコ」、「インドの青鬼」といった4種類のクラフトビールがラインナップ。ほかにも会場限定の「ビアカクテル」を販売する予定で、価格はすべて700円だそう。


表参道では「夏祭りの屋台」をテーマに、ビールと一緒に楽しめる「かぶりつきチキン」(700円)や、「ごんぶとソーセージ」(1本600円)などの限定料理を用意する。

枝豆・ポテト・たこ焼き・チキンが入った「祭りセット」(1500円)や、おつまみ盛り合わせ(夏野菜スティック、枝豆、ポテト、たこ焼き) ・チキン・ソーセージ・どろ焼きそばが全部セットになった「宴コース」(3000円)もあるから、ちょっとしたお祭り気分も味わえそう。

人気のクラフトビールを飲みながら、赤坂で、表参道で、彼や女友達と都心のビアガーデンを満喫して。