上質でちょっとセクシーが気分。開放感たっぷりのランジェリー

写真拡大 (全3枚)

見えないところにまで気を配れるようになったとき、本物の大人になれた気がしました。
とくに「ランジェリー」は、その筆頭かもしれません。
見えないから何でもいい、でなく、見えないからこそこだわる。そんな大人の女性がきっとよろこぶ、素敵なランジェリーがあります。
はだかに近い感覚のランジェリー

京都を拠点に活動している「Puntoe(プントゥ)」のランジェリーには、デザイナーである松本奈月さんの「欲しかった!」が詰まっています。
シルクをメインに天然の素材にこだわり、身体をしめつけず、身につけたいデザインであることを大切にしているそう。また、1日中肌にあたるものだから、リラックスした、はだかに近い感覚を求めて、従来の下着製作とは少しちがったデザインでつくられているのだとか。
女性ならではのうれしい工夫がいっぱい

Puntoeさん(@puntoe_lingerie)が投稿した写真 - 2016 4月 19 3:14午前 PDT

なかでも女性によろこばれそうなのが、ブラジャーのデザイン。

Puntoeさん(@puntoe_lingerie)が投稿した写真 - 2016 2月 24 6:53午後 PST

締めつけが気になるアンダーにはゴムを使用したり、フロントホックにすることで開放感ある着け心地にしたりと、身体をゆるめつつバストはしっかりメイクすることにこだわった設計です。
また、洋服から見えても平気なように、肩紐はリバティ柄のリボンでつくられています。この工夫、かなりうれしい! 同性だからわかるこだわりと工夫がいっぱいです。
そんなプントゥのランジェリーが、東京に初お目見え。2016年6月17日(金)〜19日(日)まで、「初夏の旅東京編」と銘打った展示販売会が中目黒NO DESIGN GALLERYにて開催されます。
たとえ外からは見えなくても、身に着けている私自身の気持ちを高めてくれる。そんなランジェリーとの出会いは、大人ならではの楽しみです。
[プントゥ]

あわせて読みたい
みんな下着に悩んでる。運命の下着との出会い方
デリケートゾーンのお手入れしていますか?
美尻の秘密は、ルックスも履き心地も美しい新感覚ふんどしランジェリー

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。