昼時の楽しみ“お弁当”が傷みやすい季節がやってきました。なかには、「梅雨から夏にかけては食中毒が怖いから、お弁当をやめる」という方もいるでしょう。その結果、食費はかさむ一方、体重だって増加してしまうかもしれません。それって、少し悲しいですよね。

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、暑い季節のお弁当を諦めている方必見の、お弁当を傷みにくくするコツについてお話していきたいと思います。

■お弁当を傷みにくくするコツ5つ

(1)お弁当箱は“酢”で拭いておく

酢には殺菌効果があります。調味料として使うのはもちろん、中身を詰める前のお弁当箱を酢で拭いておくと良いでしょう。

(2)素手で食材を触らない

素手で食材に触ると、手についている細菌が移り増殖。食中毒のリスクを高めます。おにぎりはラップを使って握る、おかずは箸で詰めるという基本の工程を徹底しましょう。

(3)加熱はしっかりと

食材にしっかりと熱を通すことで、殺菌・防菌効果がグンと高まります。肉や魚は薄切りにしたり、小さく切ったりして、中まで火を通しましょう。

(4)汁気をなくす

水分は細菌の大好物。水分・汁気があるとお弁当はみるみる傷んでいきます。お弁当箱に詰める前にペーパータオルで水分をきる、水分を吸ってくれるすりゴマや乾燥ワカメ、鰹節、麩を合わせる、片栗粉であえて汁を出さないようにするなどの工夫をしましょう。

ご飯、おかずともに冷ましてから蓋をするのも、お弁当箱に蒸気をこもらせないためのポイントです。

(5)スパイスを使う

(1)でお伝えした酢や、こしょう、レモン、生姜、しそ、梅干し、カレー粉などのスパイス・ハーブには、殺菌効果があります。味付けの際は、積極的に使いましょう。
ちょっとした工夫で、食中毒のリスクは下げることができます。暑い季節も手作り弁当で、美容・健康・経済面をサポートしましょう。

【関連記事】

ローラもチョイ足し!「ヨーグルト」もっと体が喜ぶアレンジテク