中国メディアの東方頭条はこのほど、仕事に対する日本人と中国人の考え方の違いを紹介しており、協力し合うことができれば「向かうところ敵なし」の最強タッグを結成できると主張している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの東方頭条はこのほど、仕事に対する日本人と中国人の考え方の違いを紹介しており、協力し合うことができれば「向かうところ敵なし」の最強タッグを結成できると主張している。

 最初に記事は、日本人は「産業型」であり中国人は「貿易型」だと紹介している。例えばラーメン店を経営していたと仮定、競争が激しくなったときにより美味しいラーメンづくりを目指すのが日本人、逆に店を売り払ってもっと効率的に、もっと素早く稼ぐことのできるビジネスを恐れずに始めるのが中国人だと指摘した。

 このように日本人が店の規模を拡大せず、メニューを増やすこともせず、一生かけて美味しい味を追求する傾向にあるのに対して、「あまりの単調さに不思議な感じがする」と主張。一般的な中国人のビジネスの進め方からいえば、人生をより良い質の商品づくりにささげる日本人のビジネスはつまらないと感じるようだ。もちろん、これは産業型ビジネスを愛する日本人に対する批判ではなく、純粋な感想だと言える。

 ものづくりを愛する日本人も中国人の貿易型ビジネスに対して、もしかしたら「製品よりもお金儲けを愛する姿勢を不思議に感じる」かもしれない。ものづくりを愛する日本人にとっては、より良い質の商品づくりを追求しない中国人のビジネスこそつまらないと感じるのではないだろうか。

 さらに記事はどちらのビジネスにも良い点と悪い点があると説明。日本人の産業型ビジネスの良い点は当然品質の良い製品づくりだが、悪い点としてビジネスにおける機敏さに欠けることだと指摘。逆に中国人の貿易型ビジネスの良い点はまさにビジネスにおける機敏さであり、悪い点は競争力のある商品づくりができないことだと説明した。

 それで記事は「日本人と中国人がパートナーを組むなら経営概念の短所を互いの長所で補い合うことができるため、日本では成功するケースをよく見かける」と指摘。もし日本人と中国人がビジネスにおいて協力し合うなら「向かうところ敵なし」のタッグを結成することになると結論した。

 例えば中国家電大手のハイアールは三洋の白モノ家電部門を買収したが、組織改革に取り組み、機敏さを身に着けることができた。画期的な製品も誕生、この買収により15年続いていた赤字は1年で黒字に変化した。日本人と中国人がパートナーを組めば、どんな場合でも成功するとは言えないが、記事の主張の要点はまさにこの事例が示している通りであり、日本の技術力と中国の機敏さは確かにビジネス界の最強タッグになり得る可能性はある。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)