清武への先制アシストで存在感を見せた宇佐美。しかし、チームを救うゴールは奪えなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンカップ]日本代表-ボスニア・ヘルツェゴビナ代表
6月7日/市立吹田サッカースタジアム
 
 6月7日に市立吹田サッカースタジアムで行なわれたボスニア・ヘルツェゴビナ戦を1-1で引き分けた日本だが、爛曄璽燹蹐蚤緝柔錣魴泙┐娠Ш竿は残念ながらゴールを奪えなかった。
 
 12分には惜しいミドルを放ち、15分には左サイドからの鋭いパスで長谷部につなげることで清武の決定機を演出した。さらに28分には絶妙のドリブルから敵を引き付け、最高の横パスから清武の先制ゴールをアシスト。しかし、肝心のゴールは決められなかった。
 
 前半終了間際の左サイドからカットインして打ったシュートも、GKに弾かれ……。後半はあまり見せ場を作れないまま74分に小林祐希と交代した。
 
 試合前にスターティングメンバーが会場でアナウンスされた際は、本田、長友、香川に匹敵する拍手に包まれただけに、悲しい結果に終わってしまった。
 
 宇佐美は試合後に落胆した声で次のようにコメントした。
 
「前半のようなテンポを続けられなかった。後半は上手く行かなかったので残念です。今日は特に勝ちたかった。負けて悔しいです」

【ボスニア戦PHOTO】 迫力満点の吹田スタ! 「技」と「力」、カメラが捉えたインパクトの瞬間