フロリダのゴルフ場に超巨大ワニ出現! 優雅にお散歩を楽しむ様子がカメラに映ってました

写真拡大

アメリカ・フロリダ州パルメットにあるゴルフ場、「バッファロークリーク・ゴルフコース」に、超巨大なワニが現れた!

驚くべきは、そのありえないデカさ。

ワニのかたちはしているものの、あんなにデカいワニなどこの世に存在するのか。そう、一瞬困惑してしまうほどに大きな巨体は、恐竜さながら。あまりにもビッグサイズだから、最初に観たとき、CGなんじゃないかと疑っちゃいましたよ本当に。

【居合わせたゴルファーがその模様をとらえた!】

“ワニ出現” の一部始終をとらえた映像を海外サイト「Golf.com」に提供、インタビューにも答えていたのは、その日ワニが現れた3番ホールでプレーをしていた、チャールズ・ヘルムス(Charles Helms)さん。

【「ワニはシャイ、脅威ではない」】

「フロリダのゴルフコースでワニを見かけることは、珍しいことではありません。ゴルファーにとってワニは、特別脅威ではないのです」
「ワニはシャイな生き物です。挑発したり追い詰めて脅かしたりしないかぎり、彼らはこっちをかまってくることはありません」

ヘルムスさんのこの発言はたしかにそのとおりで、フロリダのゴルフ場はワニが頻繁に出現することで有名、もはや名物と化しているほど。

日本人にとってはいささか信じがたいことですが、ヘルムスさん、そして映像に映り込んでいる男性デイヴィッド・マトス(David Matos)さんの余裕っぷりを見れば、納得せざるをえません。特にマトスさん、そんなに近づいてよく足が震えないでいられるよね……!

【もうちょっと怖がっても、いいんじゃないかな?】

ちなみにヘルムスさんの話によれば、このときワニは1度におよそ30mほどしか歩くことができず、ちょくちょく休みながらお散歩していたのだそう。加えてマトスさんも、ワニとの距離は十分とっていたのだとか。

うう……あれが “十分な距離” なんすか。ヘルムスさんといいマトスさんといい、ワニへ対する免疫ができすぎて、恐怖だとか危機感とかが麻痺しちゃっているだけなのでは……。そう感じてしまうのは、私(記者)だけじゃあないよね!?

参照元:Golf.com、YouTube/Golf.com
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る