暴行の凶器になった「五方旗」(イメージ画像)

写真拡大

 自殺者が出るほど陰湿なイジメや暴行事件など、韓国軍の内部ではさまざまな問題が起きている。そんな中、6月1日、韓国陸軍副士官の夫人であり、巫女でもあるA(41)が、同じく軍人の夫を持つBさん(31)を監禁暴行した事件が明らかになり、韓国中で大きな波紋を呼んでいる。

 AとBさんは夫が軍人ということもあり、4月から同じアパートに暮らすうちに顔見知りとなった。ご近所同士として付き合っていたが、Bさんが「皮膚美容を習いたい」と話したことから、状況が一変。Aは皮膚美容技師のCを紹介して、「200万ウォン(約20万円)を支払えば、“クッ(巫女が行う祈祷)”をして、皮膚美容を教える」と持ち掛けたのだ。

 Bさんはその提案を断ったが、Aはあきらめなかった。彼女はCと共にBさんを自宅に招くと、三日三晩ぶっ通しで、執拗な強要を始めたのだ。それでもBさんが承諾しないと、なんと「クッをしないことで生じた損害、1,200万ウォン(約120万円)を弁償」と脅迫したという。
 
 それでも、Bさんは首を立てに振らなかった。そして、事件が起こる。

 Aは「悪霊を払う」と言って、巫女の道具である「五方旗」でBさんを殴りつけたり、首にひもをつけて引っ張っぱるなど、およそ14時間にわたる暴行を始めたのだ。命の危険を感じたBさんは、50万ウォン(約5万円)を支払うと約束したことで監禁が解かれるのだが、彼女は全治6週間のケガを負い、病院に搬送。こうして事件は明るみになった。ちなみに、AとCが「Bさんが勝手にやった自傷行為」だと犯行を認めなかったことで捜査は長引き、アパートのカメラ映像など証拠資料を整えて容疑が固まったのち、5月23日に逮捕されたそうだ。
 
 この際、問題になったのが現役副士官であるAの夫だ。事件は彼の家の中で起きていた以上、無関係を主張し続けることは難しい。「仕事で疲れて寝ていたので、気づかなかった」と話していたが、そんな言い分が通じるわけがなく、夫も特殊監禁致傷ほう助容疑で、軍憲兵隊に引き渡された。

 この報道には韓国ネット民も怒りを隠せず、「これは本当に我が国で起こったことなの? 国が完全に狂い始めているようだ」「軍隊内で起きたのが現実だ。社会に出ていたら人間扱いされないような奴らが、軍隊内でのさばっている。軍隊の改革が切実だ」と、事件への批判だけでなく、軍の体制に対する強い批判も巻き起こっている 。

 それだけではない。5月31日には、海兵隊現役兵長(21)が、深夜の街中で6人の若い女性たちを相手に顔を殴りつけるなどの事件を起こしている。警察の調べに対し、容疑者は「酔っていて何も思い出せない」などと供述しているものの、その身柄を海軍第3艦隊司令部憲兵隊に引き渡された。

 国と国民を守らなければならない軍人関係者たちが起こす、不祥事の数々。今こそ、軍隊内の早急な意識の改革が必要なのは間違いない。