7日、環球網によると、広西チワン族自治区河池市で4日、建物の2階部分で3歳の女の子の頭が防犯用の柵に挟まってしまうという事故があった。

写真拡大

2016年6月7日、環球網によると、広西チワン族自治区河池市で4日、建物の2階部分で3歳の女の子の頭が防犯用の柵に挟まってしまうという事故があった。

【その他の写真】

地元消防隊が現場に駆け付けた時、隣家の女性が大泣きする女の子の体を柵の外側から支えていた。女の子は部屋で遊んでいた際に、窓から足を滑らせて落下。頭部が柵に引っかかって宙づり状態になってしまったとみられる。女の子の鳴き声を聞いた隣家の女性が現場に駆け付け、宙づりになった女の子を抱きかかえ、周囲の人が消防に通報した。

女性は消防隊が駆け付けるまで、そのままの体勢で20分ほど女の子を支え続けた。女の子は徐々に衰弱し、女性も体を支えるものはなく、危険な状態だったが、駆け付けた消防隊が2人を無事保護した。(翻訳・編集/北田)