逆効果だった!実は「目を小さく見せてしまう」残念アイメイク3つ

写真拡大

メイクとは、施すことによって今の状態よりも“より美しく”みせるもの。しかし、メイクをすることによってマイナスになってしまったら、実に残念……。

そこで今回は、メイクアップアーティストである筆者が、意外とやりがちな目を小さく見せてしまう“残念アイメイク”を3つご紹介します。

■NG1:広範囲のダークカラーアイシャドウ

海外モデルや俳優のメイクといえば、ダークカラーのアイシャドウを使った広めなグラデーション。

実にゴージャスで、今すぐにでも取り入れたい手法ですが、残念ながら日本人の骨格で、あのようなダークカラーのアイシャドウを広くのせてしまうと、途端に目が重く、腫れぼったく見えてしまいがち。

そのため、ダークカラーのアイシャドウは、入れる範囲を二重まぶたのラインからあまり大きくはみ出さないように注意しましょう。

■NG2:お決まり「囲み目」アイライン

いつの時代も必ずいるアイラインで目をぐるりと囲んでしまう“囲み目”メイク。

実はこれ目を囲んでしまうことで、白目の範囲がグッと狭まって見えてしまっているんです……。

1周囲むのではなく、下まぶたのアイラインを目尻から3分の1程度にとどめ、“抜け感”を出すようにしましょう。

そうすることで、白目に広がりが出るような“錯覚”をつくりだすことができます。

■NG3:ボリュームタイプの下向きまつげ

カールさせていない下向きのままのまつげにボリュームタイプのマスカラをつけると、目元に影をつくり出してしまい目の範囲を狭くみせてしまいます。

ビューラーで上がりにくかったり、下向きに生えていたりするまつげの場合、しっかりと根元からビューラーをいれてまつげを上げ、速乾性のあるマスカラでしっかりと根元から立ち上げるのがポイント。

ボリュームタイプのマスカラはどうしても重たくなりがちなので、ロングラッシュタイプの重ね塗りに挑戦してみるのもオススメですよ。

意外とやりがちなこれらのメイク法。

もちろん、目の形や骨格によっては似合う場合もあるので100%NGというわけではありませんが、目を小さく見せてしまう傾向にあることは間違いないため、避けたほうが無難です。

残念メイクを卒業して、自分に磨きをかけるメイク法をマスターしましょう!

【筆者略歴】

※ 黒木絵里 ・・・ 外資系化粧品メーカー2社、某大手ヘアサロンのメイクセクション統括を経験後、独立。Eri Kuroki Make-up solution代表となり、育成やマニュアル監修、大手企業のセミナーのほか美容ライターとしても活動中。

【画像】

※ wavebreakmedia / shutterstock