DIYアドバイザーがオススメする、賃貸で活躍する「コルク円板」の使い方

写真拡大 (全5枚)

賃貸に住んでいると、画鋲を使うのって躊躇しますよね。

画鋲や釘の穴を補修するものが売っていたりしますが、そもそも穴を開けずに済むならばそれが1番ラクチン。



ということで、DIYアドバイザーである私が提案するアイテムが、シールタイプの「コルク円板」です。

ホームセンター・コーナンで、直径26×厚さ5mm、20個入り348円(税込)。



コルクを好きなところに貼って、メモやハガキを画鋲やピンで留めるだけ。

ピンを刺す部分だけコルクがあればいいので、面積は小さくてもいいんです。ただし厚みは欲しいので、5mm以上のものを選ぶことをオススメします。



コルクボードを買っても、それを壁に設置するのにやはり画鋲や釘は必要ですが、貼るだけなら壁が傷つく心配はなく、退去する時に剥がせばいいだけです。

剥がす時にドライヤーで少し温めると、気になるシール跡も残りません。



もちろん壁だけでなく、石膏ボード、コンクリート、ガラスにもくっつきますよ。

シールタイプが手に入らない場合は、裏に両面テープを貼ってくださいね。アマゾンでも手に入ります。

これでもう壁を傷つけずに壁面を有効活用できますね。ぜひお試しあれ!