写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コトブキヤが展開するオリジナルロボットのプラモデル「フレームアームズ」のスピンアウトシリーズ「フレームアームズ・ガール(FA:G)」より「フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver.」が2016年10月に発売される。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は4,644円(税込)。

「フレームアームズ・ガール(FA:G)」は、既存の「フレームアームズ」シリーズをイラストレーターの島田フミカネ氏が美少女化を手がけ、新たなプラモデルとして展開。「フレームアームズ」の特徴である各部の複数の3mm径の穴とPVC製の手首により、膨大なM.S.Gのウェポンシリーズや「フレームアームズ」シリーズの武器や外装を使用することもできるという。これにより「フレームアームズ」と同様に、自分だけのオリジナルな「フレームアームズ・ガール(FA:G)」がカスタマイズできるプレイバリューの高いプラモデルとなる。

「フレームアームズ・ガール 迅雷」は、「フレームアームズ 轟雷」を改造した機体を美少女化したキャラクター。実際のキットには、4種類の顔パーツ(右向き眼/左向き眼/正面向き眼/叫び顔)、イメージイラストを再現できる左腕と左脚、手裏剣など多数の武器、PVC製の手首(左右/それぞれ5種)、新規造形の髪の毛や髪飾りパーツ、瞳や形式表記などのデカールが付属する。

また、表情パーツは塗装済みなので組み上げただけでも設定に近い仕上がりになっている。可動部分も多く、腰関節のスイング、股関節のスライドや手首の軸可動により広範囲な可動や表情豊かなポージングが可能となっている。さらに、既存の「フレームアームズ・ガール」シリーズの手首と組み替えることが可能で、腕や脚に配置された3mm径の穴により既存MSGシリーズ、フレームアームズシリーズの武装の併用が可能。

(C)KOTOBUKIYA