【Bonjour!ルマン女子vol.3】ではトヨタの小林可夢偉選手のインタビューをお届けしましたが、みなさん楽しんで頂けましたか? 今回は同じトヨタの日本人ドライバー、中嶋一貴選手のインタビューをお届けします!

1

中嶋選手といえば、日本人初F1ドライバーの中嶋悟氏を父に持ち親子2代で国際的に活躍しています。また、2007年から3シーズンF1に参戦し、2012年と2014年には日本最高峰のレースであるスーパーフォーミュラで2度のチャンピオンを獲得、2014年のル・マンでは日本人初のポールポジションを獲得するなど、日本を代表するトップドライバーです。

そうそう、中嶋選手がドライブする5号車のドライバー達におもしろい共通点があるんです。なんと!全員F1経験者なのです! 中嶋選手は写真中央のアンソニー・デビットソン選手(イギリス)と2007年〜2008年、セバスチャン・ブエミ選手(スイス)と2009年に戦っています。かつてライバルだったドライバーと同じチームで走るってなんだか不思議ですよね。

また、デビットソン選手とブエミ選手は2014年TOYOTA TS040 HYBRIDでWECに参戦。ドライバーズとマニファクチャラーズのWタイトルをトヨタにもたらした実力者です。2015年にはこの2人に中嶋選手が加わり、シーズンを共に戦いました。

WECフル参戦2年目の中嶋選手が考えるル・マンとは・・・? 早速インタビュースタートです!

-レースキャリア、長くなりましたよね。今年で何年目になりますか?

「そうですね。長くなりましたね。カートから数えはじめると20年、レースに出るようになって13年たつので若手ではないほうだと思います。ベテランに片足つっこんでいるような感じですね(笑)。」

-20年!凄いですね。様々なレースに参戦している中嶋選手ですが、ル・マンへの挑戦はやはり特別なことでしょうか?

「F1とかいろいろな大きなレースに出てきましたが、ル・マンは他のレースに比べると時間も長いですし、スタッフと共にする時間や準備も含めてすごく長いんですよね。レース中は寝て起きての繰り返しだったり、クルマが壊れたら直して出て行ったり。そういうところも含めていろいろなことが起こるレースなので、それを同じスタッフと一緒にやりきるっていうことにまず意味があると思います。」

-ル・マンで楽しみにしている事はありますか?

「まずはレースが始まる前のセレモニーです。クルマがコース上に並べられてチームスタッフが全員並んで、スタートにむけて雰囲気が盛り上がっていくところは一番現場にいてしびれるところですね。みんなでこれから頑張ろう!っていう一体感が好きですね。」

-それはしびれますね!レース中、気持ちがアツくなる瞬間はありますか?

「ル・マンってクラスが違う遅いクルマと速いクルマが走っているので、遅いクルマにひっかかることが多いんですけど、自分のペースを乱されるとイライラしちゃいます。」

-そうなんですか!意外ですね。イライラした時に、独り言など言ってしまうことはありますか?

「無線にのせないだけで、言ってると思いますよ。僕、自分で思ったことをなぜか言葉にして繰り返すクセがあるので(笑)。」

-独り言、聞いてみたいです!

「恥ずかしいのでやめて下さい(笑)!」

-走行していない時は何をしていますか?

「クルマを降りたら、まずそのクルマがどうだったかっていうことをチームスタッフに伝えるのが最初ですね。降りたら汗だくなので、シャワーを浴びてご飯を食べます。ご飯を食べるタイミングも難しいんですよ。あとは寝ます!」

-小林可夢偉選手は眠れないそうですが、中嶋選手は眠れるタイプなのですね。携帯のチェックはしますか?

「レース中はレースに集中しているので、そんなに見ないです。あっ、でも2年前のサッカーワールドカップでル・マンの決勝日に日本対コートジボワール戦をやっていたんですよ。映像では見ていないですけど、結果が気になってニュースはチェックしてましたね(笑)。」

-(笑)。もしドライバーじゃなかったらどのような職業についていたと思いますか?

「レースに関わる仕事をしていたんじゃないかなって気がしますね。他に想像がつかないです。」

-サラリーマンなんてどうですか?

「無理です! 毎日決まった時間に起きて、決まった時間の電車に乗って働くっていうのは身体がうけつけません!(笑)」

-そこまでダメですか(笑)。では、最後にル・マンの意気込みを教えて下さい!

「去年は1年丸ごと悔しかったですし、一昨年は勝てるチャンスがあるところで途中で終わってしまったりと悔しいレースが続いているル・マンなので、そろそろ喜べる結果を出したいと思います。今年は戦闘力のあるクルマになっていると思うので、優勝にチャレンジできる年だと期待しています。」

中嶋選手、ありがとうございました! 「レース関係以外の仕事は考えられない。」と言いきれるって、かっこいいい!

そして、ル・マンの素晴らしい雰囲気を味わってみたいなと思いました。ル・マンを現地観戦したら感動するだろうなぁ。いつか行ってみたいです! 私の「現地観戦したいレース」のひとつになりました。

小林選手と中嶋選手が口を揃えて言っていた、レースだけでなくテスト期間も含めて過酷なル・マン。その過酷なル・マンに、ドライバーとチームが一丸となって挑戦するってかっこいいですよね。決勝のスタートは6月18日(土)の現地時間午後3時(日本時間午後10時)からです。今年こそ初優勝を獲得できますように! 日本からもエールを送りましょう! 私も全力で応援します!!

(yuri)

【Bonjour!ルマン女子vol.4】トヨタ中嶋一貴選手に単独インタビュー!ル・マンで走ってない時は何してますか?(http://clicccar.com/2016/06/07/376325/)