アウディは、Audi A7をベースにした自動運転の実験用コンセプト車両「ジャック」がアウトバーン9号線を自動走行する様子を公開しました。

「ジャック」というのは実験用コンセプト車両のアウディ社内でのニックネームです。

1

「ジャック」の自動走行は、普通に人間が運転しているように自然な走りを見せています。

トラックを追い越すときには、横方向の車間距離を少し余分に開けています。車線変更するときには、ウインカーを点灯させた後、移動する側の車線マーカーに少し幅寄せしてから車線変更を実行しています。

これらの運転動作は、人が実際に運転しているときに、周囲のドライバーに意図を伝えるために行う自然な運転動作を真似ているということです。

アウトバーン9号線での自動走行実験では、テストドライバーではなく取材に訪れえたメディア関係者がアウトバーンでの自動走行を体験しました。テレビのレポーター?は両手をハンドルから離してマイクを手に自動走行の様子をレポートしています。

「ジャック」の自動運転の頭脳となっているのは、zFASと略称されているセントラルドライバーアシスタンスコントローラーです。

このコントローラーは、高性能プロセッサーがすべてのセンサーからのシグナルをリアルタイムで分析し、クルマを取り巻く状況を判断しています。ZFASは、周囲の交通の状況を判断して、次の瞬間にどう変化するかを予測して、次にどんな運転操作をするべきかを導きだしている、ということです。

最近、自動車メーカー各社が自動運転のデモンストレーションを公開していますが、メディア関係者に公道上で自動運転車に試乗させるのは、アウディの「ジャック」への自信と信頼が表れているようです。

「ジャック」の自動走行の動画は下記のサイトで公開されています。

公式ページ:Audi piloted driving on the A9

(山内 博・画像:アウディ Media TV)

アウディの研究車両「ジャック」がアウトバーン9号線で自動運転を披露(http://clicccar.com/2016/06/07/376415/)