慣れ親しんだ世界地図の「ウソ」を教えてくれるアプリ

写真拡大

現在最も広く普及している世界地図で使われる「メルカトル図法」には、国の大きさを正しく表示できないという欠点がある。「The True Size Of」は、人々が誤解し続けてきた各国の「本当の大きさ」を比べることのできるウェブアプリだ。

「慣れ親しんだ世界地図の「ウソ」を教えてくれるアプリ」の写真・リンク付きの記事はこちら

北極近くにある氷に覆われた国・グリーンランドは、メルカトル図法の欠点だ。

この国は、(地図上で巨大に見える)視覚的な印象とは異なり、実際にはインドの約3分の2、米国の約4分の1、アフリカの約14.5分の1の大きさなのだ。メルカトル地図を見る限り想像できないが、実際のところ、グリーンランドはサウジアラビアくらいの大きさなのである。

かつては水夫にとっての便利な航行ツールだったメルカトル図法は、世界で最も普及している図法だが、本質的な欠点がある。赤道近くの国々は正確に描写されるのに対し、北極と南極に近い国の大きさは拡大されてしまうのだ。それは各国の地理と相対的な大きさに関して、人々に大きな誤解をもたらしてきた。

RELATED

新しいウェブアプリ「The True Size Of」は、制作者のジェイムズ・タルミッジとデイモン・マニースが、各国の本当の大きさを人々がよりよく理解できることを期待してつくったインタラクティヴな地図である。地図上の国を選んでドラッグすると、そのサイズと形がリアルタイムで変化する。それらをほかの緯度の国の隣りに配置することで、相対的な大きさを比較することができるのだ。

例えば、グリーンランドの上に米国をオーヴァーレイすると、米国のサイズは大きくなる。グリーンランドをサウジアラビアの上にオーヴァーレイすると、グリーンランドは劇的に小さくなる。

画面左下にあるコンパスを使えば、それぞれの国を回転させることができるので、より正確なサイズの比較ができるだろう。

japan

日本列島を北極近くへもって行ってみた。メルカトル図法では、高緯度になるほど拡大されて表示されることがわかる。

[6月8日11:00 画像のキャプションを訂正いたしました。]