親善試合2試合目は、世界ランキング1位・アメリカの底力が際立った試合だった。日本は初戦からメンバーを7人入れ替え、異なる試行に臨んだ。

 注目のボランチには阪口夢穂、初招集の中里優という日テレ・ベレーザコンビが並ぶ。想定通りの勢いで襲い掛かるアメリカの攻撃を食い止めながらゴールへの道筋を組み立てようとするが、思うようにボールを回すことができない。日本が素早いチェックを見せた初戦の戦いを踏まえて、アメリカはプレッシャーを強めたパワープレーや、DF裏へのロングボールカウンターなどを徹底させてきた。

 世界一のチームが見せた的確な修正力の前に、日本は後手に回る場面が増えていく。ゴールを奪われたのは27分、セットプレーからだった。ポジショニングは完璧だった杉田亜未(伊賀)がクリアミスしたボールを奪われ、ロングボールがすかさずDF裏へわたり、抜け出していたジュリー・ジョンストンに決められてしまった。62分には、右サイドから背後を突かれ、初戦に続いてまたしてもアレックス・モーガンに決められ2失点目を喫した。

 日本は阪口を介してなんとかリズムを奪おうとするが、相手のプレスに互いの距離感をずらされ、最後まで立て直すことはできなかった。74分に横山久美(AC長野)を投入して反撃に出ようとした直後、雷雨により試合は中断。その後打ち切りとなったため、2戦目は0−2でアメリカの勝利に終わった。

 この日、アメリカの数ある決定機をことごとく跳ね返していたのがGK山根恵里奈(ジェフ千葉)だ。中でも、開始直後のクリステン・プレスのシュートや、8分のエリー・ロング、46分、54分のモーガンの攻撃を逃れたのは山根のファインセーブがあったからだ。

 アメリカ戦には苦い想いがある。2014年のアルガルベカップで対戦した際、単純なキックを相手に当てて失点した。ほんの一瞬の緩みでケアレスミスを犯してしまうことも多かった山根。ここ1年は代表でも出場機会を与えられ、今回はGKの中では最も豊富な経験を持つ。「今日は逃げない」(山根)と心に決めていた。その姿勢がプレーに現れた結果だった。

 2戦を通じて唯一センターバックとしてフル出場した熊谷紗希(オリンピック・リヨン)は、このアメリカ遠征で"変化"を感じ取っていた。

「アメリカが戦い方を変えてきても、それをいなす、はがすプレーができないとダメ。それができないのは自分たちの今の力だと思う」としながらも、多くのトライができたと言う。

「今はそういう時期。ズルズルと下がるサッカーはしたくない。どこかでずっと感じてきたことだし、トライしてみたかった。アメリカ相手にエラーはあっても、これだけラインコントロールで向こうの攻撃やFWの嫌がることをできたのはひとつの自信にしてもいいと思う」と語った。

 これまで強みとしてきた対人の強さを武器にしながらも、全体をコントロールする視野を得ようとしている熊谷。エラーをしながらも正面から体得しようとしたこの遠征を振り返り、「今は希望しか感じない」と言い切った。

 チーム招集からわずか2日で強豪アメリカとの2連戦に臨んだ高倉麻子監督の初陣は1分1敗、5失点3ゴール。準備不足の中、上々の滑り出しと言える。今回、高倉監督が選手たちに求めたものは決して高度な戦術ではなく、シンプルな"約束事"だった。

"プレッシングはしっかりとボールに行くこと""仕掛けたら足を振り抜くまでを実行すること""常に思考すること"などを根幹に、ちょっとした"コツ"を伝えるだけ。あとは選手たちがピッチでどう表現するかを確かめる作業でもあった。

 さらに"なでしこジャパン"の経験の有無に関わらず、個の能力を把握し、バランスを考えた配置を行なったことで全員のモチベーションが高まった。初戦で千葉園子(ASハリマ)を中盤3枚のど真ん中に据えれば、第2戦ではボランチにチーム1小柄な148cmの中里を起用するなど、初招集組にもキーポジションが与えられた。

 また経験豊富な選手たちにもこれまでとは異なる動きを要求した。大儀見優季(フランクフルト)はサイドハーフ、岩渕真奈(バイエルン)は1トップとしての可能性を追求させ、以前と同じポジションであっても、ボランチの阪口にはゴールに直結する積極的なパス配球を、CBの熊谷には組織的なDFコントロールを求めた。「誰にもポジションをあげているつもりはない」と高倉監督が言うように、全員がチャレンジャーであることが選手間に経験値による壁を作らせなかった。

 そして"できないこと"を自覚させたことは何よりも大きかったように思う。できているつもりで積み重ねてきたものを自らゼロに戻すことは難しい。新たにチームを生み出す今しかできないことでもあった。

「メンバーが変わってできないのであれば、それはできていることにはならない」(高倉監督)

 チーム戦術を理解する力は長(た)けている選手たちでも、それを実行するには個人の戦術レベルが上がらなければならない。今こそ、足元を見直して確実なレベルに上げていく努力が必要だ。

 これらのことを数日でやってのけたのには、高倉監督と参謀役でもある大部由美コーチとのコンビの力がある。育成年代からU-16、17、19、20と各カテゴリーでコンビを組んできた。大部コーチの叱咤の後には必ず高倉監督のフォローがある。またその逆もしかり。いわゆるムチとアメである。

 戦術や起用についても納得するまで話し合いを重ねる。そうして生み出された戦略で数々の強豪を打破してきた実績がこの2人にはある。また、2人ともになでしこジャパンの卒業生であり、選手としても各時代の代表を率いてきた。選手の心情を熟知している上に、求める"代表"の姿勢に一切の妥協はない。OGだからこそ、その言葉以上に重みが出ることもある。

 今回の遠征は高倉監督にとって、選手の能力、チームの現状を把握するためのものであったが、選手にとってもこれから共に走る指揮官の資質を知る機会でもあった。その点でも、この2連戦で手応えを掴んだことで、互いに信頼関係は構築できた。

 リオデジャネイロオリンピック予選敗退で失いかけた自信を取り戻し、全員にチャレンジ精神を植えつけ、可能性を感じさせながら攻守に明確な課題を量産した。一歩間違えれば大敗を喫し、マイナスへ陥る危険性をも含みながら突入したアメリカ遠征は、船出としては大収穫といえる宿題と、新たなチームへの大いなる期待とともに終了を迎えた。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko