セレブが姿消す「世界で最もパワフルな女性」ランキング、今年の特徴は

写真拡大

フォーブスが選ぶ今年の「世界で最もパワフルな女性」100人のランキングは前回と比べ、トップ10に入る顔ぶれに大きな変化はなかった。だが、国際的な問題にかかわる女性たちが増えたことで、いわゆる”セレブ”といわれる人たちの一部が姿を消すなど、新たな傾向もみえた。以下、今回の目立った特徴を項目別に紹介する(かっこ内は年齢と順位)。

姿を消したセレブたち

今年のランキングには、エレン・デジェネレス、テイラー・スウィフト、アンジェリーナ・ジョリーなどの名前が入らなかった。ただ、それはこの人たちの立場に変化があったためではない。国内外で今後ますます影響力を高めていく可能性がある政治家たちの増加を受けたものだ。

国籍に広がり

スコットランド、モーリシャス、ミャンマー、ネパール、クロアチア、リトアニア、台湾──これらの国・地域ではこの一年の間に、女性リーダーが誕生した。

その一人、スコットランドの二コラ・スタージョン首相(45、50位)は最近の世論調査で、「地元の人たちに最も人気のあるスコットランド人」に選ばれた。ノーベル平和賞に輝いたアウン・サン・スー・チー(70、26位)は、長年にわたる苦難を乗り越え、民主化を進めるミャンマーの国家顧問兼外相に就任した。一方、台湾では総統選挙で地滑り的な勝利を収めた蔡英文(さい・えいぶん、59、17位)が、総統に就任している。

「新顔」の20人

今回初めてリスト入りした人たちには、国のリーダー(7人)、慈善活動家(2人)、最高経営責任者(5人)、自ら財を成した富豪(2人)、編集長(1人)、企業の会長(2人)、米連邦最高裁判事(3人、いずれも同位)が含まれている。

自身で事業を興し、財産を築いたのは中国生まれのレンズ・テクノロジーCEO、周群飛(46、61位)とベトナムの格安航空会社ベトジェットエアCEO、グェン・フオン・タオ・ティ(46、62位)だ。

「世界で最もパワフルな女性」トップ100人の一覧はこちら>>

世界が直面するさまざまな問題の解決に向け、活躍する多くの女性たちの名前も挙がった。

国連教育科学文化機関(UNESCO)のイリナ・ボコバ事務局長(63、89位)は国連開発計画(UNDP)ので国連開発計画のヘレン・クラーク総裁(66、22位)と共に、今年末で任期が切れる国連事務総長の後任候補として出馬を表明している。

世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長(68、38位)は、エボラ出血熱の流行を教訓に緊急対応基金の設立を目指す方針だ。ジカ熱をはじめとするその他の感染症拡大への対応の強化を図る。

メリンダ・ゲイツ財団のメリンダ・ゲイツ共同議長(51、4位)は、女性の地位向上を支援するための8,000万ドル(約86億2,340万円)規模のイニシアチブを推進している。

そのほか、国連世界食糧計画(WFP)のアーサリン・カズン事務局長(59、48位)、医学研究を支援する公益信託ウェルカム・トラストのイライザ・マニンガム・ブラー理事長(67、88位)も名を連ねた。