オンライン・リサーチの国内大手・アイリサーチはこのほど発表した「2016年中国無人機業界研究報告書」の中で、中国の小型民間無人機市場は高度成長期に入ったとし、国内無人機市場は2025年に750億元(約1兆2300億円)規模に達すると予想した。

写真拡大

オンライン・リサーチの国内大手・艾瑞諮訊(アイリサーチ)はこのほど発表した「2016年中国無人機業界研究報告書」の中で、中国の小型民間無人機市場は高度成長期に入ったとし、国内無人機市場は2025年に750億元(約1兆2300億円)規模に達すると予想した。新華社が伝えた。

無人機は一般消費者向けと産業向けに分かれる。消費者向けの無人機で最も広く活用されている機能は空撮だ。産業向けは主に農薬散布、気象観測、物流配送などに活用されている。

同報告書によると、2025年には空撮・農林・安全保障などが無人機応用のホットな分野になる。750億元の市場規模の内訳は、空撮が約300億元、農林・植物保護が約200億元、安全保障が約150億元、電力点検が約50億元。

同報告書の統計データによると、中国の小型民間無人機市場規模の成長率は近年50%以上に達している。製品・サービスのバリエーションが豊富化し、かつ大疆創新(DJI)というリーディングカンパニーが台頭し、世界の消費者向け市場の約7割を占めている。これは業界がすでに成長期に入ったことを象徴している。無人機産業をめぐり、保険、SNS、専門メディア、データ収集などのサービスが構築されている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)