超芸術的な水槽レイアウトにうっとり…美しい造形物の間をスイスイ泳ぐ魚たちに心が癒される!

写真拡大

水槽のレイアウト。そう聞くと、水草などを駆使して自然界の姿を表現する「ネイチャーアクアリウム」を頭に思い浮かべる方が、大多数なのではないでしょうか。

しかし、グラフィックからプロダクト、空間計画など、多分野でデザインを展開する「三澤デザイン研究室」の三澤遥(みさわ はるか)さんが作り上げる水槽レイアウトは、我々が想像する光景とはちょっぴり異なります。

【台湾のギャラリーに展示された水槽アート】

「waterscape 」と名付けられたシリーズは、水槽レイアウトというより水槽を使ったアート。美しくスタイリッシュな仕上がりが大きな特徴であり、三澤さんのインスタグラムによれば、台湾のギャラリー「Link Lion」において4月3日まで展示されていたようです。

【こんなにオシャレな水槽見たことない!】

丸型の造形物や無数に穴の空いた造形物など、無機質でシンプルなオブジェを水槽の中へと設置、その周りを魚たちが泳ぐ作品や、透明な球体の水槽に水草をあしらい、それを真っ白な砂を敷き詰めた別の大きな水槽の中にポンと置き、魚たちは2つの水槽を自由に行き来できる、という作品も。

もちろん、水槽をメインに扱った作品もたくさんあるのですが、水草などグリーンの使いどころが他の水槽レイアウトとは一線を画しているといいますか、すべてがすべて、独創的なんですよね……!

【癒し度マックスな動画は必見♪】

美しい水槽がずらりと揃った姿は、あたかも、絵画作品が並んでいるかのよう。

見れば見るほどその世界観に惚れ、ずぶずぶとハマってしまう「waterscape」シリーズ。特にVimeoに投稿されていたプロモーション映像は癒し効果たっぷりなので、ぜひともご覧になってみて!

参照元:Vimeo、Instagram / Haruka Misawa、三澤デザイン研究所
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る