呂芳銘氏(左)

写真拡大

(台北 7日 中央社)鴻海(ホンハイ)グループの呂芳銘副総裁は5日、ソフトバンクと共同で開発したヒト型ロボット「ペッパー」を今年第3四半期(7〜9月)中に台湾で発売する予定だと明らかにした。まずは商店や金融、教育、健康などの4分野をターゲットにするとしている。

呂氏はこの日、台北市内で「ペッパーロボット開発大会」の説明会に出席。記者からの取材に応じた。

呂氏はペッパーの台湾での展開に自信を示し、今後関連ソフトウェアの開発者が増え、より多くのサービスを提供できるようになればと語った。

(呉家豪/編集:名切千絵)