テレビの時代は終わった…?

写真拡大

パナソニックはテレビ用液晶パネルの生産から撤退する方針を固め、9月末までに兵庫県姫路市にあるパナソニック液晶ディスプレイ株式会社の工場の生産ラインを終了、今後は精細画像の医療用モニターや自動車向けにシフトする方向であると報じられています。

■ MADE IN JAPAN神話の終焉

これにより国内でTV用液晶パネルの生産を続けるのはシャープのみとなりますが、すでにシャープはホンハイに買収されており日本資本で生産される日本製液晶パネルの火はここで消えることとなります。一時は世界を席巻したメイドインジャパンでしたが、すでにマーケットは過剰なまでの性能を誇る日本製よりもコストに優れた他国のパネルに目を向けており、その潮流に完全に乗り遅れた日本家電ビジネスの失敗はこういう結果となって現れてしまいました。

パナソニックは、今後液晶パネルを海外メーカーから調達し液晶テレビの製造を継続する模様です。日本人が日本製を探して買う時代はすぐそこに来ているのかも知れません。

(著:nanapiユーザー・maxspeed 編集:nanapi編集部)