6日、韓国メディアによると、韓国・全羅南道新安郡の離島で住民らが20代の女性教師に性的暴行を働いた事件が発覚したことを受け、同郡のホームページに批判のコメントが殺到している。写真は韓国。

写真拡大

2016年6月6日、韓国・ノーカットニュースなどによると、韓国・全羅南道新安郡の離島で住民らが20代の女性教師に性的暴行を働いた事件が発覚したことを受け、同郡のホームページに批判のコメントが殺到している。

先月22日未明、新安郡の離島・黒山島で住民ら3人が新任の小学女性教師に酒を飲ませ、小学校内で次々と暴行を加えるという事件が起こった。5日、現地警察の発表により事件が明るみに出て以降、一般市民が自由に書き込み可能な同郡のホームページ掲示板に、容疑者や郡関係者を非難する内容のコメントが相次いでいる。「獣にも劣る人間が1人の先生の人権をずたずたにした」といった声の他に、報道されていない加害者らの個人情報を「さらす」ものもあるという。

黒山島は韓国の最西南端に位置し、のどかで自然豊かな地。黒山島を含む多島海国立公園を擁する新安郡は、その美しい景観や風土から「国土で最も清らかな場所」とのキャッチフレーズを掲げていた。しかし14年には郡内の曽島の塩田で多数の知的障害者を奴隷のごとく監禁し労働させていた「塩田奴隷事件」が発覚、さらに先月19日には郡内の他の島で30代の男性教師が失踪するなど、近年恐ろしい事件が相次いでいる。掲示板には奴隷事件などを引き合いに「新安郡で作られた塩も使いたくないし、観光にも行かない」など、地域への拒否感を示すものも少なくない。

この報道に、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「新安郡だけじゃないと思う」
「物理的去勢の導入が急がれる」
「『清らか』の意味を分かってないのかな?新安は今後孤立させるべき!」

「新安郡の住民の倫理観はめちゃめちゃだ」
「20代の女性教師1人を『島流し』にした教育庁が一番の問題」
「最も清らかな場所どころか、汚く醜い場所だ。新安産の塩や農水産物の不買運動をすべき」

「絶対にここには旅行しないようにしよう。警察も住民も通じた仲間だから恐ろしい」
「国民の命と安全のために、今すぐ旅行禁止区域に指定して」
「島の小さな学校は廃校にして、遠隔授業にすればいい。先生も怖くて行きたがらないはず。赴任の辞令も拒否していいよ」(翻訳・編集/吉金)